2010/4/7

残念です  徒然

 巨人の木村拓也内野守備走塁コーチが7日、くも膜下出血のため死去した。日本ハム、広島、巨人とセ・パ3球団に所属したうえ、2004年アテネ五輪では日本代表にも選ばれただけに、悼む声は球団の垣根を越え、球界全体が悲しみに包まれた。各球場では半旗が掲げられ、全6試合の試合開始前に選手たちが黙とう。巨人、広島の選手は袖に喪章をつけて試合に臨んだ。(毎日新聞)

 4月2日の試合前練習中に突然倒れ、意識不明の重体になっていた元広島・巨人の木村拓也コーチがくも膜下出血のため逝去されました。享年37歳とあまりにも若すぎる死です。

 球界の「キムタク」と呼ばれ、投手以外は何処でも守備ができるというユーティリティプレイヤーで、最近少なくなったスイッチヒッターでもあった木村さんは、今年から巨人のコーチに就任され、意欲的に若い選手を育てていこうというその矢先での悲報です。さぞかし無念だったろうと思います。ワタシの印象としては、まさに「いぶし銀」という感じで、球界の仕事人というふうに見ておりました。決して大きくはない体ですが、溌剌としたプレイが印象的でバッターボックスでも存在感のある選手だったことを覚えております。ご家族が住む広島で倒れ、亡くなったことがもしかしたら唯一の救いだったのかも知れません。

 以前にも別記事で申しましたが、ワタシよりも若い方が先に亡くなるのは何とも悔しいです。木村さんのご冥福をお祈り申し上げます。お疲れさまでした。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ