2010/10/28

出だしが遅かった?  健康

 産経新聞ネット記事から。

 10月からたばこのほとんどの銘柄で1箱110円以上の値上げが実施され、禁煙挑戦者が急増している。禁煙外来に喫煙者が殺到して医療用の禁煙補助薬が不足する事態が起きているほか、薬局・薬店では禁煙補助商品が売れ行きを大きく伸ばしている。半面、日本たばこ産業(JT)はたばこ販売の急激な落ち込みに危機感を募らせている。

 「10月に入り、禁煙補助薬があっという間になくなった」。こう話すのは、東京・日本橋の「中央内科クリニック」の担当者だ。同クリニックの禁煙外来には10月に入って2週間で、9月下旬に比べて倍以上の新規患者が詰めかけた。
 しかし、現在は禁煙外来の新規患者の受け付けを見合わせている。処方する禁煙補助薬が間に合わないためで、担当者は「患者はせっかく決心してやってきたのに、断るのは非常に残念」と嘆く。
 禁煙外来で主に処方される禁煙補助薬は、米製薬大手、ファイザーの「チャンピックス」。これを含めた受診者の自己負担額は1万2千〜1万8千円程度だが、1日に1箱ペースの喫煙者なら1カ月分のたばこ代程度で収まってしまう。禁煙成功率も6割程度と高い。

 ファイザーは8月まで毎月約7万人分のチャンピックスを供給していたが、9月は約17万人分、10月に入ると6日時点ですでに約8万人分を供給しているという。同社はこのまま供給し続けるのは困難と判断し、12日以降、新規患者向けの「スターターパック」の供給を停止。治療中の患者への供給は継続できるが、供給体制が完全に整うのは来年1月という。テレビCMも自粛している。


 ワタシも病院通いをしますが、いつもお薬を処方してもらっている薬局のスタッフからもこのことは聞きました。今のところ禁煙補助薬がファイザー社のチャンピックスしかないということで、調剤薬局のほうも新規の患者の分まで確保できていないから今はお医者さんへ行っても断られるかも知れないですよ、とのこと。

 もっと早くから行っておくべきだったかな…。
0



2010/11/5  22:11

投稿者:ぴーくん

 ★tatanoroさん

 >女性から「タバコを吸ってる男は金持ち!ステキ!」と、もてるそうです。

 煙草をやめたいと思っている人間に、このような意味のないコメントはどうかとおもいますが。

 ★ねこ。さん

 いままでそれで何十回と禁煙しました(ううっ)。

2010/10/29  17:09

投稿者:ねこ。

ありゃりゃ・・・
薬に頼らず頑張れば?^^

2010/10/29  9:30

投稿者:tatanoro

これからは?、女性から「タバコを吸ってる男は金持ち!ステキ!」と、もてるそうです。
「わかば」は吸ったことありませんが、「エコー」・「ゴールデンバット」は、そこそこ美味しかったような・・・
女性にもてたいなら、やっぱ「ラーク」!最近見てないけど「ダンヒル」!!「ダンヒル」のほうが、もてるかナ?!(笑)自宅では「ゴールデンバット」外では「ラーク」なら節税・節約できる!(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ