2010/12/1

本日は  健康

 唐突ですが、本日は何の日かご存じでしょうか。12月1日は「世界エイズデー」でございます。
 世界エイズデー(せかいエイズデー)は、世界規模でのエイズ蔓延の防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別・偏見の解消を目的とし、1988年に世界保健機関により定められた国際記念日(国際デー)である。※出展:Wikipedia

 エイズ(後天性免疫不全症候群)といえば、日本では80年代後半における「薬害エイズ事件」で日本でも感染例が報告されましたが、HIVウィルスに感染することから発症して最悪の場合は死亡することもあります。ただ、一番重要なのはHIVウィルスというのは感染力が弱いウィルスなので、通常の生活をしていて感染することはまずありません。経路といえば圧倒的に多いのが性交渉における分泌液に接触することにおいて感染することです。他にも母子感染や血液感染の例もありますが、日本においては圧倒的に性交渉の結果感染する事例が多いそうです。

 正しい知識に従い、パートナーを決めて性交渉を行う分には心配は少ないかも知れませんが、いつだったかこんな言葉を聞いたことがあります。「あなたは、『今のパートナーの前の彼(彼女)の彼女(彼)の前の彼(彼女)』がどんな人だったか知っていますか?」という表現だったかと思います。俗な言い方をすれば、「彼(彼女)が以前付き合っていた人の相手がその前に付き合っていた人はどんな人物か知ってますか?」ということでしょうか。まあ、そんなの普通知らないでしょうし、興味もないでしょうね。この言葉が意味するのは「一度でも性交渉をしたことのある人は、すべて感染しうる」ということになりますね。検査は5ccの血液採取で簡単に調べられ、その結果が他人に知られることのないように細心の注意を払って扱われますので、一度は調べておくべきでしょう。

 あともう一つ、先進国で日本だけが唯一感染者数が増えていると言われてます。情報過多と言ってもいい日本でこの状況は悲しい限りです。自分と自分のパートナーのためにも、正しい知識と検査を受けることは必ず行って欲しいものです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ