listen to my digital heartbeat.

  would you feel my analog heartbeat, too?

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

web log parts #1

断酒継続 日!




Flag Counter

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

過去ログ

web log parts #2




QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sterai
 岩波文庫の『君主論』は、ちょっと立ち読みした限りでは訳が読みづらかったんですが、筑摩書房「マキャベリ全集1」の『君主論』は読みやすいです(池田廉・訳)。値段が6000円近くするので図書館で借りてきました。『君主論』だけなら訳注を入れても100ページくらいなので、わりとササッと読めます。『君主論』と言えば、「権謀術数」の象徴のように習いましたが、そういうのって最後の1/3くらいでした。
投稿者:せんべい屋の寄宿人
マキャベリの君主論とクラウゼヴィッツの戦争論はそのものは読んだことがなくて、解説本を読んだことがあります。

嫌う人とよい評価を与える人が分かれる本だとは思います。たぶん道徳的な観点で捉えて
ネガティブに扱っているんじゃないかな
本当のところはよくわかりません

私も最初ネガティブなイメージがあったんだけれど、職場での周囲への接し方と身の守り方を模索しているうちに、この君主論の解説本のとびらにずるがしこいほうが得をするようなことを書いていて気になったのが手に取ったきっかけです
確かに周りが善人ばかりではない状況で
生き延びなければいけない(ちょっと大げさな表現だけれど)人にとっては必読と思えます

投稿者:sterai
 ふと思いついたんだけど、『君主論』って日本の侵略戦争の理論として使われた、というような経緯があるのだろうか。そうだとしたら、日教組とかが嫌う、というのはうなづける話。
投稿者:sterai
 『アホでマヌケなプログラミング』にもそういう事例がたくさん載っていました(裏話的に…)。

 『プログラミングでメシが食えるか!?』で、プログラマ個人のとることのできる解決策として提示されていたのは、「自分の得意分野を作って、その分野では誰にも負けないと胸を張れるよう、徹底的にこだわれ」というものでした。要するに、「言いなりになってたら、クイモノにされるだけだ」ということですね。

 ふと、精神科医の書いた『なぜ「いい人」は心を病むのか』という本を思い出しました(この本自体は酷い本でしたが)。この本の中で、著者は「日本社会で『いい人』とされる人は、逞しく生き抜くためのストラテジーを欠いていることが多い」と言うんですね。考えてみると、小中学校には「戦略的に行動することは卑しい」という価値観があるように思う。今、マキャベリの『君主論』を読んでいるんですが、とっても面白いんですよ。言ってしまえば、この本、単なる処世術なんですが(企業経営者は今でも絶対読むべきだと思う)、中高時代に「君主論」って言ったら、もの凄くネガティブなイメージで習ったような気がする。「生き残ろうと思ったら、あらかじめ手を打っておく必要がある」ってだけの本なんですが。
投稿者:せんべい屋の寄宿人
ええとですね、全部が全部そうではありませんが、精神論で無理な仕事をさせる、という体質の会社が多いのかな、という気はします。

たとえば、そんな日程じゃ無理(9ヶ月かかるところを6ヶ月でやれ)だとか、人数が足りなすぎるとか、必要なものがそろっていないとか、
本当はまだ作業が進んでいないのにお偉方の見栄でもうすぐできます、やらせますとか勝手にお客さんと決められてしまって、毎週毎週お客さんにウソの作業進捗を報告しなければいけないとか。

結局間に合わなくて、お客さんにがみがみ言われながら作業するとか、
元請の人がいつの間にか別のプロジェクトに逃げるとか
ひどいときは損害をお前個人に賠償請求するとか。
10人くらいの居並ぶ中、2時間くらい吊るし上げを食らうとか
(全部実体験)

自分の身の安全をまず第一に考えないで、何とかしようとして頑張るイイ人は押しつぶされてしまう(精神的におかしくなったり病気になったりして休職や退職)、ということはよく見かけます。
投稿者:sterai
 ソボクなギモ〜ン。

 これは、ヤクザな仕事をせざるを得ないような構造的要因があるんですか?

 例えば、マトモな仕事をしても評価されないばかりか個人的なコストばかり払うことになってしまう、とか。産業構造そのものが、マトモな仕事をするインセンティブを提供していない、とか。
投稿者:せんべい屋の寄宿人
前いた会社での話ですが、だんだんと周りの人間がヤクザばかりに思えてくるから不思議です。

システム開発の業界人と付き合うときは、相手はヤクザだとみなして対応すること、というのが私のルールです。

思いっきり人間不信になれます(笑
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ