listen to my digital heartbeat.

  would you feel my analog heartbeat, too?

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

web log parts #1

断酒継続 日!




Flag Counter

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

過去ログ

web log parts #2




QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sterai
 久し振り読み直して「なるほど」と思った。自分が書いたものなのに!(笑)
投稿者:bmb
まぁ、このネタにこれだけ集まってくるんだから、みんな、オタクなんですよ。
投稿者:sterai
 Octaveというのは名前だけ聞いたことがありましたが、Sageは名前も知りませんでした。やっぱり詳しいね(ニヤリ)。
投稿者:bmb
ScilabはMatlabのフリー版を目指したもので、Mathematicaの機能をフリーで達成しようとしているのはOctaveとSageですね。どれも数学素人だと怖くても手が出せません。計算結果が間違っていても素人のこちらには分からないことがあるので。
投稿者:sterai
 あ、そうかフリーなのはScilabか。よくわかりました。ありがとうございます。
投稿者:bmb
Mathematicaは数式処理ソフトというだけあって、記号を含む数式を因数分解したり、y=f(x)といった数式だけ先に定義して、xの値を変えたらyがどう変化するかグラフに表したり...といった、機能が非常に豊富で、シミュレーションなどはむしろ「やればできる」くらいの機能だと思った方が良いです。Matlabは、なんというか、数式処理というよりまさに数値処理ソフト。だから、「MatlabじゃなくMathematicaを使う」という人は、工学系より数学系/理論系というイメージでしょうか。両方を触った感じ、Mathematicaの方が敷居は低い感じです。ただ、どちらも不当に高すぎ。

>僕は、道具によってたどり着く場所が違うんじゃないかと思ってるんですよ。

良く「私は、そば好きだから、なまそばしか食べない。乾そばなんて、本当のそばじゃない」という人がいますが、僕は、真のそば好きとは、「生でも乾でも、駅そばでも、そばの香りがすれば、なんでも美味しく食べられる人」だと思っています。

同じ事がここにも言えると思います。
投稿者:sterai
>木公さん
 僕は、道具によってたどり着く場所が違うんじゃないかと思ってるんですよ。それでちょっと質問を。
投稿者:sterai
>bmbさん
 大学生協が発行している「ソフトウエアニュース」ってのがあって時々見ることがあるんですが、「数値計算・解析(?)ソフト」みたいなジャンルの製品が時々紹介されているので。どういったもんだろ、と思って。
投稿者:木公
僕の勤務先の、ごく限られたサンプルですが、Mathematica を使っている人はほとんどいなくて、MATLABが優勢です。

僕にはよく分からない世界ですが、三次元物体のモデルを作って、そこに音波をあてるとどういうふうに反響するかとか、MATLABでシミュレーションしてるっぽいです。

いずれにせよ、

> 結局、道具は道具です。どれを使っても同じ場所にたどり着く事には変わり有りません。

は至言だと思うけど。
投稿者:sterai
>大彦さん
 進化シミュレーションをやるためにこれからCをおぼえる、という話だったので、それなら、C習得にコストをかけるより、Mathematicaの使い方をおぼえる方にコストをかける方が心理学系の研究者の卵としては良いんじゃないか、と思ったわけです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ