listen to my digital heartbeat.

  would you feel my analog heartbeat, too?

 

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

web log parts #1

断酒継続 日!




Flag Counter

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

過去ログ

web log parts #2




QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sterai
 あれあれ、たった100分で、円もユーロもポンドも元に戻っちゃったぞ。後に残ったのは、スイスフランの下落とAUD、NZDの上昇…。
投稿者:sterai
 どわーっっ!! AUDとNZDが急上昇してるっっ!! それだけは勘弁して…(涙)。
投稿者:sterai
 スイスフラン、ユーロ、ポンドの落ちっぷりに対して、AUD、NZDの底堅さの所以は何なのだろう?
投稿者:sterai
 僕の予想に反して、今のところ円安方向に進んでいる。どういうこっちゃ。
投稿者:sterai
 たった1人の発言で大きく動くかな〜。これがアメリカの金融トップの影響力というものか。日本の首相が退陣表明しても何にも変わらないのに(笑)。
投稿者:sterai
 この「NZDだけが落ちない」ってのが一番嫌なんだよな。
投稿者:sterai
 円、スイスフラン、ポンド、ユーロがこれだけ売られて、AUDとNZDだけが動かない、ってどういうことだ? むしろNZDなんて(わずかながらも)上がっている。
投稿者:sterai
 円ジリ高で結局元に戻っちゃった(涙)。とほほ。
投稿者:sterai
 微妙な感じで円安が進むなぁ…。これ、野田さんの手柄になっちゃうんだろうか!?
投稿者:sterai
 ロイターの「為替コラム」に、僕が最初に考えていたことと同じことを、スイスフランについて書いている人がいる。

>ドルはフランに対して9日から約10%上昇しており、バーナンキ議長が量的緩和第3弾(QE3)の導入を示唆すれば、売り圧力にさらされるだろう。半面、議長が追加刺激策に言及しなければ、リスク志向が減退しそうで、その場合でもフランには逃避先を求める投資家から資金が流入するだろう。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22865120110825
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ