ミドリ色の屋根は永遠に〜Rene Simardに首ったけ〜

ルネ・ファンのルネ・ファンによるルネ・ファンのためのルネ・ブログ シマ姉のルネ・データ・バンク

 
ルネ・シマール・ファンに贈るルネ・ブログです。 ルネ・ファンの方はもちろん、「ああ、知ってる!」という方も「懐かしい」と思う方も、是非いらしてください。私のブログは「ルネ・データ・バンク」で私のライフワーク。私のブログを乗り換え駅としてリンクをご利用いただくも良し、私のブログ記事でゆっくりルネ情報を収集していただくも良し。もちろんルネについての情報交換大歓迎!ルネ・ファンはみな友だち!!ルネについてみんなで語り合えたら幸いです

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:RENE
おはようございます!
昨夜のサプライズ、本当に嬉しかったデス♪
こちらこそ、これからもよろしくお願いします^^/

http://midoriironoyane.blog65.fc2.com/
投稿者:shimazaki_rune
カフェモカ様
 はじめまして!当ブログにようこそ。
また、貴重な情報をありがとうございます。私もALFAレコードでナタリーに会いましたが、ルネはバリー・マニロウのファンで、彼のコンサートに行っていて会えませんでした(泣)。また、一緒にいた日本の女の子というのは、もしかすると、しゃむねこさん情報のM嬢かしらね。私は職場の旅行で東京音楽祭には行けなかったので、カフェモカさんが羨ましいです。
 当ブログでは、ルネとナタリーの曲(日本語の曲も)のほとんどが聴けるサイト等をリンクしてありますので、お楽しみいただければ幸いです。もしよろしかったら、またお立ち寄り下さいね。

http://green.ap.teacup.com/rene_simard/
投稿者:カフェモカ
↓東京音楽祭のゲストで来ていたのはルネのほうだったのですね(汗)ナタリーを初めてホテルのロビーで見た時に着ていたのがステージ衣装だったので、てっきりナタリーのほうが音楽祭参加で来日していたと思っていました(^^;)背の高〜いバニー・マニロウもいましたよ♪(とてもシャイなかたでした)
・・・今思い出したのですがその時に日本の女の子のファン?がナタリーかルネに同行してスタジオ見学?、もしくは食事を一緒にしたなんて話もホテルのロビーで聞きました(笑)
投稿者:カフェモカ
はじめまして。検索してこちらのサイトを知りました(^^)
1980年代の東京音楽祭の時に他の欧米歌手の追っかけで東京プリンスホテルに通っていたところ、
当時のままのルネが目の前を横切ったので腰を抜かしそうになった事があったのですが、
それはこの音楽祭に参加する為に来日していた妹さんのナタリーちゃんでした(笑)
髪型も当時のルネのままだったしパンツスタイルで男の子のようだったのでタイムスリップでもしたのかと驚きましたよ(笑)
ナタリーちゃんには宣材写真等をもらいましたが本当にお兄さんにそっくりでした。
その時ルネも一緒に来ていたので、1974年の雑誌を持って行きサインをお願いしたところ大変驚かれた記憶があります。
ルネは東京見物やら何やらで頻繁にお出かけしてたので毎日会える機会があり楽しい思い出として残っています(^^)
投稿者:shimazaki_rune
慧慧様、当ブログにようこそ!
 「たのみこむ」への賛同ありがとうございました!!今朝確認してあったので、慧慧さんからコメントまでいただけて感激しています。
 ところで、”bebo bands”にはもうアクセスしましたでしょうか?日本では未発表の曲もお聴きいただけるので、是非一度アクセスしてみて下さい。ただ、自分で見つけて、自分のブログで紹介しているくせに、”bebo bands”のせいで「ミドリ色の屋根」のCD化の可能性をつぶしているのではないかと、複雑な心境でいる私です。でも、サイトとCDは、また別物だからと言ってくださる常連さんもいらして、まだ夢を捨てきれずにいます。”bebo bands”では聴くことのできない日本語の曲も含めてCD化されることを心から望んでいます。
 これからもルネ情報も含め、ルネについて書き続けていきますので、時々お立ち寄りいただければ幸いです。今後とも宜しくお願いいたします。 
投稿者:慧慧
昨夜、なぜだか急にメロディーの断片を思いだし、“ルネ、泣かないで、ぼくがそばに”の三つで検索して、こちらを探し当てました。ルネ、たまらない可愛さですね。気がつけば当時のルネの年齢を上回っている息子の母親になっている自分がおり、時の流れの早さに感慨を覚えます。「たのみこむ」にも賛同させていただきました。CDになっていないのが不思議ですね。CD化、実現しますように!
投稿者:shimazaki_rune
パプリカさん、当ブログへようこそ!
私の方こそ、お礼までいただいて恐縮しています。さらに、「たのみこむ」への賛同もして下さったのですね!本当にありがとうございます。貴女のようなファンの方からルネへの熱い想いを語っていただくと、力が湧いてきます。ここはルネ・ファンのためのブログです。リンクしてあるカナダのサイトや過去ログも楽しんでいただければ幸いです。もしよろしければ、時々お立ち寄り下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
投稿者:shimazaki_rune
アナベルさん、カナダでのルネの応援よろしくお願いしますね!
Je sens bien mes limites en francais.
Je chante en francais, alors pour lire et ecrire ca va, mais je suis incapable de dire un mot.
投稿者:パプリカ
はじめまして。
半日かけて やっとたどり着きました。。。
今、彼の歌声を三十年ぶりに聞くことができて、震えと感涙です。。。
当時小学生だった私は、なぜかいたくこの曲がお気に入りで、いつも大声で歌っていた記憶があり、当時のことが走馬灯のように思い出されています。歌詞はずっと忘れていませんでしたから、理解していたんでしょうかねえ。。
とにかく、理屈抜きで大好きな「ミドリ色の屋根」に又出会えて幸です。ありがとうございます。

投稿者:Annabelle
shimazaki_runeさんはフランス語が出来ますね。びっくりですよ、お勉強がんばってね。

Continue comme ça, tu parles très bien français!
123|4|5

自己紹介

ルネ・シマール・ファン歴45年余。趣味はイラストレーション、木工芸、音楽鑑賞、映画鑑賞、野菜作りと観葉植物栽培、猫毛クラフト、旅行とドライブ。特技はどこでも眠れること。将来の夢は、9月の紅葉のカナダとケベックのウィンター・カーニバル、そしてルネ友さんたちとルネのコンサートに行くこと。それからそれから、秘密基地「ルネの小部屋」を作ること。現在、専業主婦とブログを両立して、充実した日々を送っています。目指せ1000記事! 目指せブログ成人式!!

コメントBOX

管理人からのお願い

<その1> 管理人個人宛のメッセージは掲示板「ルネ・シマール日記」からメールでお願いいたします。また、コメントBOX「ルネ依存症診療室」のメールは「シマ姉BOX」に入りません。大変ご面倒をおかけします。今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。 <その2>Juncoさんのアドバイスで「ルネ依存症診療室」に「 No.1:ルネ・シマールについて質問するスレ」と「No.2:シマ姉と雑談するスレ」を作りました。ルネとは関係ないけど、シマ姉とおしゃべりしに来たよ〜♪…という方、こちらにコメントをどうぞ!<その3>現在facebookには、ルネの公式ページが有り、ルネに直接メッセージを送ることができますし、リアルタイムでルネの情報を得ることができます。また、VIP Passion Simardなど、カナダのファンの方たちとの交流もできます。facebookにアカウントをお持ちの方、是非お友だちになりましょう!!

♪最新情報♪

<CD情報1>Sony Music Shopのオーダーメイドファクトリー」で、ルネの全曲集「GOLDEN☆BEST limitedルネ・シマール」が 発売されました!iTunesAmazon.co.jpではアルバムだけでなく1曲ずつの購入できるようになりました!!  <CD情報2>  ルネの51枚目のアルバム”Rene SimardAmazoneBayで購入できます。また、今年、52枚目のアルバムがリリースされる予定です! ルネのデビュー50周年には何が計画されるのか、今から楽しみですね!!

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ