ミドリ色の屋根は永遠に〜Rene Simardに首ったけ〜

 
ルネ・シマール・ファンに贈るルネ・ブログです。 ルネ・ファンの方はもちろん、「ああ、知ってる!」という方も「懐かしい」と思う方も、ぜひいらしてください。また、私のブログは「ルネ・ステーション」を目指しています。私のブログを乗り換え駅としてリンク集をご利用いただくも良し、私のブログ記事でゆっくりルネ情報を収集していただくも良し。もちろんルネについての情報交換大歓迎!ルネについてみんなで語り合えたら幸いです

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:shimazaki_rune
yucchi様

すっかりルネのアルバム・コレクターですね♪
「鳥」と「普通の子供」いいですよね♡
「BOZO」はその内訳して紹介したいと
思っている曲の1つです。
いつになるかは分かりませんが、
楽しみに待っていてください。
投稿者:yucchi
このファーストアルバム、もちろん買いました!

ルネが歌うフランス語の響きが美しくてうっとりしながら、毎日毎日アルバムを聴いていました。

私のお気に入りは、「鳥」と「普通の子供」でした。
今でもやっぱり、この2曲がとても好きです。

このアルバムではないですが、"BOZO" も良いですね。
ルネも気に入っているのでしょうか?
チビルネくん時代のアルバムにも入っているし、先日私が買ったFernandoにも声変わり後の声で歌っているものが収録されていて、そこもまたツボです〜。^^
投稿者:shimazaki_rune
年友様

電子ピアノですか…いいですねぇ♡
私は歌かなぁ。年友さんの伴奏で私が歌う
…なんていうのもあり?!
投稿者:年友
シマ姉さま

電子ピアノ?ギターコードもあるので
ギターもやってみたいです。
恥ずかしながら・・・
私、歌上手くないのです。
高い声なんて無理無理。
投稿者:shimazaki_rune
年友様

「水色の天使」はピアノですか?
それともギター? 何にせよ素晴らしいです♡
「青空の向うへ」が弾けるようになったら、
今度は”Merci Pour Tout”を覚えて
仏語で弾き語りですね〜っ!!
その前に、第4回オフ会の一次会は
是非カラオケで「ミドリ色の屋根」の
大合唱(やんばるQさん含めて3人?! 笑)
をしたいです♪
私も秋の夜長をブログ記事作成頑張りますよん!
投稿者:年友
シマ姉さま

楽譜ありがとうございます。
『水色の天使』が弾けるようになったら、
一週間過ぎていました。
今度は、これですね!
テンポが速いのでうまく弾けるかな〜
これも夫に教えてもらいます。
楽しい秋の夜長を送っています。

自己紹介

ルネ・シマール・ファン歴40年余。趣味はイラストレーション、木工芸、音楽鑑賞、映画鑑賞、野菜作りと観葉植物栽培、熱帯魚と水草、旅行。特技はどこでも眠れること。将来の夢は、退職したら9月の紅葉のカナダとケベックのウィンター・カーニバル、そしてルネに会いに行くこと。現在、仕事と子育てとブログで充実した日々を送っています。

コメントBOX

管理人からのお願い

<その1> 管理人個人宛のメッセージは掲示板「ルネ・シマール日記」からメールでお願いいたします。また、コメントBOX「ルネ依存症診療室」のメールは「シマ姉BOX」に入りません。大変ご面倒をおかけします。今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。 <その2>Juncoさんのアドバイスで「ルネ依存症診療室」に「 No.1:ルネ・シマールについて質問するスレ」と「No.2:シマ姉と雑談するスレ」を作りました。ルネとは関係ないけど、シマ姉とおしゃべりしに来たよ〜♪…という方、こちらにコメントをどうぞ!

♪最新情報♪

<CD情報1>Sony Music Shopのオーダーメイドファクトリー」で、ルネの全曲集「GOLDEN☆BEST limitedルネ・シマール」の発売日が決定!6月10日に発売されました <CD情報2>  2009年12月23日に発売された、なかにし礼氏の「世界は俺が回してるミドリ色の屋根」が収録されています。先に発売された同名小説のイメージ・サウンドトラックとして作られ、クラシック、ジャズ、ポップス、歌謡曲…と、小説の鍵となる22曲が収録されています。小説には、ルネ・シマールがグランプリとフランク・シナトラ賞を獲得した第3回世界大会を含む東京音楽祭のエピソードも書かれていますよ♪ ちなみにCDには、小説に書かれたエピソードも紹介されていますので、CDだけでも十分楽しめます。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ