水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中学・高校にて数学ほかを指導しつつ、当サイトを運営(教職を志した98年末から)。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール


'18 10/23(Tue) 所用(市内)
'18 11/1(Thu) 勤務校創立記念日
'18 11/1(Thu) 出張(市内:調整中)
'18 11/2(Fri) 文化祭準備
'18 11/3(Sat) 文化祭
'18 11/5(Mon) 文化祭代休(?)
'18 11/17(Sat) 出張(市内?調整中)
'18 11/26-30 2学期期末考査
'18 12/1(Sat) 中学入試プレテスト

<詳細&過去の仕事は→こちら
 
 
★ ★ ★ 広告募集 ★ ★ ★
当サイトでは、サイト記事中に広告を掲載していただけるスポンサー様を募集します。詳細は→こちら

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:てっぺい
水野先生

いつもお世話になっております.
本日,新課程版のチャート式(「赤」以外)の見本を見させていただきました.
新「青」は,最近学校採用専用で出ていた現「青チャートワイド」をベースにしたとのことで,レイアウトもそれを踏襲していました.
まだまだ細部も見ていないので,これ以上のことは何も言えませんが・・・
たいへんお忙しそうですが,水野先生も見る機会がありましたら,是非レビューをお書きください.

http://web.mac.com/tecchan0420/
投稿者:水野 健太郎
・・・当記事へのコメントとしてご質問されたかたへ。

当サイトでは、公開個別指導としての学習相談を行っており、ご質問は専用の掲示板で一括して受け付け、メルマガにて回答しています。掲示板入口がこちらの記事の注意事項を読んでいただいた下にありますから、
# → http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/175.html
そちらにて改めてお願いできませんでしょうか。(黒板カラーの掲示板です!)

当サイトは、皆さまのご理解とご協力により成り立っております。よろしくお願いします。
投稿者:水野 健太郎
水野です。

○sjt33846さん

前半の内容はごもっともです。後半に関しては、黄チャートからだと正直レベル的に少し「飛ぶ」感もあるので、あなた自身がそう思われたのなら、それはあなた(もしくはあなたの周辺の生徒さん)に相応の応用力があったか、恵まれた学習環境にあり「間」のレベルは知らず知らずのうちに埋まっていたのだと思います。

当サイトは「自学自習」を前提としていて、市販の参考書・問題集だけで基礎から応用までカバーし、かつそれが学習者の負担にならないような(スタートレベル別・志望別の)道筋を作ろうとしているわけです。

貴重なご意見、ありがとうございます。
投稿者:sjt33846
チャートは黄までにしてサーっと流し
後は新数学スタンダード演習
で十分だと思います。
投稿者:水野 健太郎
水野です。

○ラスカサスさん
わざわざコメントをいただき感謝致します。
基本的に自分で読むものだから、参考書の解説って大事だなと思うんです。筆者自身もやはり似た体験をしていて、しかし何の因果か教える方の側になってしまったものですから、少なくとも自分だけはそのときの気持ちを忘れずに数学を教えていこうと考えているだけです。
いろいろしんどいこともあるでしょうが、これからも頑張ってくださいね!
投稿者:ラスカサス
初めまして。このサイトを愛読している者です。水野先生にどうしても感謝の念を伝えたくて、初投稿に踏み切りました。

自分は、高校で親しかった数学の先生の薦めもあり、2年間ほど青チャートを使ってきました。往来の完璧主義も手伝って、分からない問題(というか解説・解答)を前に2時間以上悩むということもザラでした。
分からない問題は翌日その先生に聞いて解決、といったサイクルだったのですが、ある日先生に、「お前、(頭)大丈夫か?」と言われてしまいました。日頃から、理解できない解説を前に悩みこむ自分に対して不信感が募っていたこともあって、一気に数学コンプレックスになり、数学に対してある種の恐怖感を抱くようになりました。数学だけが原因ではありませんが、自分の能力に絶望して、自殺を考えたこともありました。どうしたら良いのか皆目見当もつかず、目下五里霧中…といったところで、水野先生のサイトに出会ったわけです。自分だけが青チャートの解説に苦しんでいるわけじゃないんだとわかり、生きる気力を取り戻し、今はうつ病も克服しました。水野先生には、感謝してもしきれません。いつか恩返ししたいと思っております。本当にありがとうございます。(かなり場違いなコメントで申し訳ない…)
投稿者:水野 健太郎
○pyon1956先生
# 1956年生まれの先生ということでしょうか??

おっしゃるとおりで、筆者のまわりでも「解説の解説」を求めて質問に来る生徒さんが多いですね。当方の場合、教科書内容とどうリンクするのかといった収録意図がわかりづらい問題が多く、そこが最も致命的と考えた結果このようなレビューにしていますが、ここに書かなかった部分については満足しているかというと(他書にもいえますが)決してそうではありません。

どの本のどのページだったか忘れましたが、例題ページの答案の書き方と下の問題の答案の書き方がリンクしていないところも何箇所かあって、それも混乱を助長しているのではと。


http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/
投稿者:pyon1956
高校教師です。
進学用の演習の副読本として、生徒がやっていたのを添削したのですが。
問題レベルも然りながら、解答・解説のレベルが低いです。結局解答の解説や解説の解説が必要な、つまり自学自習には向かない本ではないかと感じました。
投稿者:水野 健太郎
そうですね。私は「生徒さんが自学自習で使いやすい」を最優先して評価しますから、おっしゃるところの「致命的」な部分で見てしまうのですが・・・

ところが、指導者用となると話が違ってきますよ。生徒さんにこれぐらいやってもらえばいいのかという目安として、指導する側の勉強のために買うのなら、ベストに近い本だと思います。

我々でこの本を持っておき、生徒さんには適宜問題を選んで提示するというのがベストのようです。もちろん自分で解く問題を選んで取り組めるようになってほしいですが。

http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:うんこ
「記憶を定着させるためには5回繰り返せ」というのは脳科学者の池谷氏の主張ですが、最近ではこのような学習理論もあるようです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E9%81%8E%E5%89%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%80%80%E5%8F%8D%E5%BE%A9&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&newwindow=1&c2coff=1
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ