水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中高一貫校を中心に数学(他)を指導しつつ、当サイトを運営。サイトは教職を志した98年末に設立。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
『手帳シリーズ』インデックス
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール

※公開を停止します

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:水野 健太郎(理事会)
○留数先生

いつもコメント感謝します。先生とは本当に意見が合いますねえ。本当に、いつか私がこの活動を続けられなくなったときに、信頼しておまかせできる第一の人物として考えています。

また他書についても熱く議論したいもんです。
投稿者:留数
良くも悪くも発展途上にある本という感じですかね。多分新規開拓しようということなのでしょうから,今後(=近いうちに改訂されること)に期待。

前回分量のことについて言及しましたが,内容的にもかなりハードですね。難関大学の問題が続々登場なので,ある意味難問集のように見えなくもないですね。消化不良を起こすのでは? それに,昨今の状況を見るに,この本の程度まで完璧にせずとも・・・,と思うのは私だけでしょうか。
投稿者:水野 健太郎(理事会)
なるほど・・・配列面に着目されましたか。

予備校のテキストでは2次関数からというパターンも珍しくないでしょうが(効率主義)、学校用で採用してもらおうとすると、網羅性というのが必要条件に入ってくるでしょうから、そのへんの影響でしょうか。

・・・個人的には、まだまだ未完成の本だなという感想を持ったのですが、どうでしょうか。
投稿者:留数
私も第一印象で思ったのは紙面の窮屈さ。内容的には数研受験用問題集に解答編または教授資料がついたという感じだが,やはり一通りの内容を一冊で盛り込むとこうなるということなのか。内容を厳選するとか,何らかの形(1Aと2Bと分けるということだけを意味するわけではない)で分冊にすべきだったように思う。
また,2次関数が最初のセクションという構成も数研の問題集などを見慣れている人間としては新鮮だった。式の計算から始まる従来のものは全分野に触れているもののわざわざそれだけ割くべきことかと首をかしげたくなった(もちろん受験生の志望レベルによることだが,ある程度以上を目指すとすると,ということ)が,この本は配列を見たところでは問題集の想定するレベルに見合った配列をしていると思う。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ