水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中高一貫校を中心に数学(他)を指導しつつ、当サイトを運営。サイトは教職を志した98年末に設立。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール


'19 6/14(Fri) 出張?(調整中)
'19 6/25-7/2 1学期期末考査
'19 7/7(Sun) 出張(市内)
'19 8/5(Mon) 終業式
'19 8/6(Tue) 出張(市内)

<詳細&過去の仕事は→こちら
 
 
★ ★ ★ 広告募集 ★ ★ ★
当サイトでは、サイト記事中に広告を掲載していただけるスポンサー様を募集します。詳細は→こちら

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:水野 健太郎
ご質問の中に、本質シリーズは「研究」だけで完結しているか、「演習」と両方を買う必要があるかとありましたが、前者です。
もし別の本で補うとすれば、違うタイプの本(問題集など)をすすめます。
投稿者:水野 健太郎
水野です。
当記事へコメント(ご質問)を寄せられたかたへ。
少し前に、同様の学習相談をお受けしていまして、その内容をこちらにアップしております。
・・・ご参考願えますでしょうか。
http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/1833.html
投稿者:水野 健太郎
水野です。
当記事へのコメントとして、あかささんという方からご相談をお受けしました。
筆者の都合で恐縮ですが、当サイトでは、学習相談には後日別記事にて回答させていただくことにしておりまして、以下のように予定を入れさせていただきました。
遅くなりますが、よろしくお願い致します。
http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/445.html
投稿者:水野 健太郎
○ムーミンさん
# 学習相談は専用の掲示板で対応しているのですが、大学生のかたからのご質問ということで、特別にこちらでレスさせていただきます。

例題をすべて理解するとか、章末の入試問題を解けるようになるとか、そういった目的で使うのでなければ、到達点の高さはむしろ問題でなく、基本事項をしっかり掘り下げてあるかどうかが問題なので、筆者はその部分に手厚いこの本を評価しているわけなのです。

あと、今は大学初年度生向けに数学の概観を与える本もたくさん出ていて、その中に筆者の知っている本で何冊かおすすめできるものがあります。少し前に、ムーミンさんと同じ大学生のかたから同様のご質問が寄せられたときに回答させていたものがありますから、こちらも参考になさってください。
# → http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/494.html


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:ム−ミン
はじめまして。私立文系の学生です。高校時代数学が散々でほとんど勉強しまいまま終えてしまいました。再入門しょうとAmazonレビューだと教科書レベルを丁寧に解説しているとお聞きして購入しました。でも管理人さんの評価を見る限り高校時代挫折した青チャートとレベルは変わらないようですね^^;ひとつの事項を理解するのにものすごく時間がかかるのですが、本書の性質上かかってしまうものですか?もしくは自分が本書を使いこなせる知識がないのでしょうか?もちろん受験ではなく、経済学や統計学などにつなぐために再入門します。長々と失礼致します。
投稿者:水野 健太郎
○高校2年生の父さん

この本に対する評価に関して、賛否あることは存じております。もとより、筆者の個人的な期待のようなものもあります(それは上の文面にも書いておりますが・・・)。

逆に、「赤チャート」は例題をガンガンやっていく向けの本ですが、筆者自身が高校時代にあれだけの例題数をこなせと言われたらおそらく挫折していたと思います。うまく使うには、辞書的な使い方に絞るか、取り組む問題を指導者(お父様のような方?)に選んでもらうかした方がよい気がしますね。「本人の好みと能力」・・・適性(理解型OR暗記型など)と言った方がよいかも知れませんが、ご指摘されているのもそのあたりなのでしょうか。

ともあれ、貴重なご意見ありがとうございます。


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:高校2年生の父
息子に数学を教えるのに、高校1年時は教科書→4step→赤チャート。このブログを見て、高2は、これでわかる→シグマトライとやってみました。ここまでは大変よいと思いましたが、本質の研究はちょっといただけませんでした。
なぜこうなるのかという質問に答えるには重宝しますが、高校生に直接やらせるのは向かないと思いました。導入部分も息子には難しすぎのようです。(私にも)
シグマトライ>ニューアクションβ
これでわかる>教科書
赤チャート>本質の研究 という評価です。
まあ、参考書選びは本人の好みと能力の問題でもあるのですが・・・・
投稿者:kazukunn
ご返事ありがとうございました。
投稿者:水野 健太郎
○kazukunnさん

「鉄則」・・・私がこの活動を始めたころはギリギリで手に入った本ですが、今は実家の物置にしまいこんでいて、すぐ取り出せないので詳しい評価はできかねます。

記憶をたぐってみると、例題は基本的なものから「青チャート」に取り組める前段階ぐらいまで網羅されていたようですが、紙面が狭く解答・解説はそっけなかったと思います。


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:kazukunn
水野様  かつて出版されていた旺文社の数学の鉄則シリーズの評論がぜひ知りたいんですが、短くてもいいですから、お願いいたします。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ