水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中高一貫校を中心に数学(他)を指導しつつ、当サイトを運営。サイトは教職を志した98年末に設立。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール


'19 10/11(Fri) 会合
'19 10/18(Fri) 所用
'19 10/25-26 体育祭
'19 11/2(Sat) 文化祭準備
'19 11/3(Sun) 文化祭
'19 11/5(Tue) 文化祭代休
!-- '19 12/2(Mon) 会合(調整中)
'19 12/3-6 2学期期末考査
'19 12/27(Fri) 終業式
--> '20 8/1-2 国内逃亡(調整中)

<詳細&過去の仕事は→こちら
 
 
★ ★ ★ 広告募集 ★ ★ ★
当サイトでは、サイト記事中に広告を掲載していただけるスポンサー様を募集します。詳細は→こちら

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yossy
水野先生、こんにちは。
早速のご対応、ありがとうございました。
個人的には、1A2B版はジャスト120題にして欲しかったですが。
投稿者:水野 健太郎
水野ですが、yossyさん、いつも情報を有難うございます。

個人的な事情で、17年度後半頃から新刊がまるで「追えて」いませんで、お恥ずかしい限りです。

書店でそれらしき本は見かけた気がしますが、購入が後回しになっておりました。懸案となっていた(?)「データの分析」の問題が収録されたのは嬉しいですね。
投稿者:yossy
水野先生、お久しぶりです。

この本の改訂版が、18年6月に、1A2B、3、共に刊行されています。
1A2Bでは、データの分析が3問収録され、問題数が119題になっています。
投稿者:yossy
水野先生、こんにちは。

この本の後続として「理系標準問題集数学」(駿台文庫)に取り組むのもいいと感じましたが、いかがでしょうか?
※文系受験生は1A2B分野だけで良しとしてです。

先生のご意見を頂きたいと思います。
投稿者:水野 健太郎
水野です。
yossyさん、いつも情報を有難うございます。

・・・ええ、様子見です(苦笑)

ちょいと今、仕事の方が集中しておりまして、本シリーズのV(と最近買った他の本)はまだあまり詳しく見ていないこともありますが・・・
投稿者:yossy
水野先生、こんにちは。

「V」の問題数は60題ですよ。

ところでこの本、定番書の【応用2】には入れないんですか?
もう少し様子見ですか?
投稿者:水野 健太郎
水野です。

yossyさん、他書に関する情報も含めまして、いつも参考になるご意見を有難うございます。

「定番書レビュー インデックス」への掲載は、旧課程下の入試が終わるまで控えておりましたが、レビューを掲載する前から、それに値する本だなあという評価は持っておりました!

「自称:最難関大志望者」の皆さんから見れば、ついついバカにしてしまいがちだが標準的かつ重要な内容が網羅されていると思いました。
投稿者:yossy
水野先生、お久しぶりです。

本書も1A2Bと3の、2冊が揃いましたね。
内容も標準的で、Z会「入試の核心」よりも優れています(「核心」が劣化したという方が正確でしょうか)。
国立上位を対象としていますが、旧帝大レベルや国公立医学部を目指すにあたっては、絶対に落としてはいけない問題が収録されています。
定番書レビューの【応用2】に入れるのに相応しいと思います。

※先に誤ってレビューを送信してしまいました。申し訳ありませんが、先のものは消してください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ