水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中高一貫校を中心に数学(他)を指導しつつ、当サイトを運営。サイトは教職を志した98年末に設立。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール


'19 10/11(Fri) 会合
'19 10/18(Fri) 所用
'19 10/25-26 体育祭
'19 11/2(Sat) 文化祭準備
'19 11/3(Sun) 文化祭
'19 11/5(Tue) 文化祭代休
!-- '19 12/2(Mon) 会合(調整中)
'19 12/3-6 2学期期末考査
'19 12/27(Fri) 終業式
--> '20 8/1-2 国内逃亡(調整中)

<詳細&過去の仕事は→こちら
 
 
★ ★ ★ 広告募集 ★ ★ ★
当サイトでは、サイト記事中に広告を掲載していただけるスポンサー様を募集します。詳細は→こちら

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yossy
水野先生、こんにちは。
早速のご返答、ありがとうございました。
私は駿台文庫の社員ではありませんが(苦笑)、同社の数学・理科・英語には良書が多いと感じます。
数学と理科は「理系の駿台」と言われていますし、英語も故・伊藤和夫先生の貢献・影響が今でも書籍として感じられますね。
投稿者:水野 健太郎
水野です。yossyさん、いつも(駿台文庫の参考書を中心に)ご意見をありがとうございます。
おっしゃるように、同じ出版社からの他のラインナップ(やや上/下のレベル、特に導入書など)が充実することによって、使いやすいと感じる人が増えるということは、あると思います。
類書「やさしい(/ハイレベル)理系数学」(河合出版)との比較で言うと、TAUB分野の内容が前半にまとまっているので「やさしい」寄りのコンセプトの本といえそうです。
投稿者:yossy
この本、同社(駿台文庫)から「国公立標準問題集CanPass」が刊行され、その後続としても使いやすくなりましたね。
定番書レビューの【応用2】に入れるのに相応しいと思います。
あるいは、旧帝大レベルや国公立医学科における標準問題であることを考えると、【実戦:2次私大】に入れるのもアリだと思います。
※駿台文庫のレベル表示は、「CanPass」は「中級」、「理標」は「中級〜上級」です。
また、1A2B分野と3分野が明確に分かれているので、文系受験生(特に旧帝大レベル)でも利用可能と思います(1A2B分野は98題です)。
投稿者:yossy
水野先生、こんにちは。

この本の前段階として「国公立標準問題集CanPass数学1A2B/3」(駿台文庫)に取り組むのもいいと感じましたが、いかがでしょうか?
※文系受験生は1A2B分野だけで良しとしてです。

先生のご意見を頂きたいと思います。
投稿者:水野 健太郎
水野ですが。

○yossyさん

数年前にもコメントをいただきましたが、分野別構成になっていますから、文系でも使えます。微積分分野が、数U範囲か数V範囲か明記されていないので、使うとしたら、指導者が取り組む問題を選ぶ必要があると思いますが。
現課程になって、文系の難関向きの対策本が激減してしまった印象がありますが、受験生自体の減少と学力低下で、使用に堪える層の生徒数が減り、本を出すのも難しくなっているのでしょうか・・・?
投稿者:yossy
この本、文系が使っても大丈夫ですよね?
分野別構成になっているし。
整関数の微積分が数U・Vと表示されているのが気になりますが…。
水野先生、いかがでしょうか?
投稿者:水野 健太郎(理事会)
○留数先生

・・・実は私もかなり困っています。
理系は「プラチカ」をはじめ類書も多く出てきて選択肢が増えましたが、文系の難関向きの良書が少ないのですね。代用として、「理系プラチカ」の1A2Bか「即戦ゼミ」の文理共通編」あたりを目安に、志望校の頻出分野を「こだわって!」ぐらいの選択肢しかないですからね、ほんと。

ええと、今回の「標準」は「やさ理」と同レベルで分量的にはやや軽めという位置づけだと書いていますが、これは、いくつかの分野あたり数問ずつ見比べたうえ同じニュアンスという印象を得たうえで、問題数を比べての感想です。仕事で大学入試問題を見たときに、2冊いっぺんに参考にしてみたことが今までに2〜3回ありましたが、一方で大きく扱っていて他方ではさっぱりというパターンには今まで出会っていません。
投稿者:留数
 こういう理系向けの問題集が出る度に,文系用の問題集が出ないものかなあと思いますね。河合塾の文系数学もいまのところ改訂版は出ていないし・・・。もっといろいろ出てくれてもいいように思いますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ