水野の数学参考書レビュー[高校数学・大学入試]

高校生・大学受験生とその指導者向け、数学参考書情報専門サイト。 教材選びならまずココ!と言われるサイトを目指す。

 

筆者プロフィール

水野 健太郎(みずの・けんたろう)
’73年(昭和48年)9月14日生
大阪府の私立中高一貫校を中心に数学(他)を指導しつつ、当サイトを運営。サイトは教職を志した98年末に設立。
一方、教科関係の執筆業を06年度から本格的に始め、現在ではもう1つの本業となりつつある。今後も現場・作り手両方の立場から、受験数学にまつわる諸問題を実践的に追求していく。
■肩書き
・数学参考書研究家
数学指導のコンサルタント
■自己紹介
プロフィール・活動歴
写真・動画のページ
『手帳シリーズ』インデックス
■連絡先
・個人メール:
 reviewermizuno0914@yahoo.co.jp
・facebook:Kentaro Mizuno
・Twitter:reviewermizuno
・Instagram:reviewermizuno

筆者スケジュール

※公開を停止します

アクセス数(05年3月より)

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

facebookページ・掲示板


当サイトfacebookページ


水野の数学学習相談板
 教材選びの相談はこちらへ!
※ 上記リンク先は「入口」です。
 回答予定はこちらを参照のこと。

【数学指導のコンサルタント】
 各種相談・講演依頼受付中!

QRコード

過去の記事

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:水野 健太郎
水野です。

○kinopy先生

かさねがさね、コメント感謝します。今回のご指摘で、留数先生のおっしゃっていたことまで含め理解が深まったことが多かったです。

年度の変わり目は本業も若干楽になるので、そのときには、ここのような「古い記事」の整理も意識してやろう心掛けようと思います。


http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/
投稿者:kinopy
○ 水野先生

お忙しい中返信ありがとうございます。

どうやら私は,先生のHPの構成を勘違いしていたようです。
「徒然レビュー」に掲載されたものの中から一部の本が「定番書」に清書レビュー付きで格上げされるわけですね(^_^;)
失礼いたしました。

なお,悪口めいたことを投稿いたしましたが,私はこの本を悪書とは思っていません。
むしろ良書と思っています。
誤解される受験生の方がおられるといけませんので念のため…

今後ともよろしくお願いします。

http://alpha.pote.jp/
投稿者:水野 健太郎
水野です。

○kinopy先生

貴重なご意見ありがとうございます。

この記事を書いた時点、さらに先の留数先生とのやりとりの中では、こういう参考書が出たこと自体を歓迎する話にとどまっていた感は否めません。

詳細についてはもっと見るべきところがあるでしょうが、とりあえずkinopy先生からのご指摘にあったような点がいくつかあることは把握しているつもりです。

そのあたりは「改めて定番書レビュー」に組み込む際にフォローするつもりでいたのですが、類書がしばらく発売されていない現状もあり、早急に考えなくてはならないようです。

今後ともよろしくご指導・ご鞭撻のほどお願い申し上げます。


http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/
投稿者:kinopy
こちらでははじめまして。

某所で一度コメントした本ですが,この本については「原像」の扱いが気になりました。
意見が分かれるところかもしれませんが,原像の記述で「逆行列を持つ行列による一次変換は,1対1かつ上への写像だ」ってのを当たり前として解答部分で記述なしに使ってますね。
原像については私は「現行課程では出題はないだろう」と思っていますが,この解答では減点をくらいそうに思います。

さらに極方程式の箇所で面積「公式」として∫1/2r^2 dθを載せていました。いきなりこれを使うのはリスクが高い気がしますが…

私の指摘した点については先生はもちろんお気づきのことと思いますが,この種の「あやうさ(と私は思ってる)」のことについて「最終的な評価は生徒の皆さんにお願いしよう。」は無理があるのではないでしょうか?
この種の警鐘を伝えられるのは「知識を持った」参考書レビュァーでしかないのではないか?
と思いましたが,いかがでしょう。
投稿者:水野 健太郎
新しい著者・・・では残念ながらなく、同じ出版社から「センター数学の点数が面白いほどとれる本」(→ http://green.ap.teacup.com/reviewermizuno/96.html)の著者のかたの第3弾ということになります。

この著者は、坂田アキラシリーズの良いところも教科書的な記述の良いところもよく噛み分けていらっしゃって、好感が持てます。河合の超人気講師というのも納得です。

ちょうど、別の執筆の仕事で極方程式を見かけたところだったので、その部分を中心に見ましたが、青チャートの例題なんかをグリグリ独学でやっていくよりはずっと読みやすく、自分が高校生のときにこんな本があったら良かったのにと思いました。


http://www2.odn.ne.jp/~cbf13380/
投稿者:留数
 この分野(特にいろいろな曲線)での講義系の参考書ははじめてではないですかね。
 個人的には,そのことよりもむしろ新しい著者が現れたことが評価できます。講義系の参考書は自分は敬遠しているのですが,一番の問題点は,多かれ少なかれ通常の問題集や参考書異常に著者の個性に合う・合わないが出てしまうところでしょう。いろいろな著者の「数学観」に触れられるという点で歓迎されますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ