. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .Copyright(c)2020co-op All rights reserved.

ドキュメント_いつか見た太陽2

2010/9/14 | 投稿者: まるきち

しかし東京から
瀬戸内の島まで帰るのには

いろんな交通機関の
つなぎがあり

たどり着くのに
まる一日かかるのだ。


早朝出て夕方着

着いた夜に
家の庭でバーベキューを。



「そうやな。都会ではなかなか外で火おこすこと出来んやろうな」


そう。我が子には
普段なかなか出来ん体験
をさせて

旅はなんぼのもんである。


つづく



おいさん これなんぼするんでー?
クリックすると元のサイズで表示します
1



2010/9/18  19:46

投稿者:まるきち

交通費のことなんか忘れて吹っ飛ぶくらいの思い出ができたよ!
嫁姑関係やなんやかんや人間関係を乗り越えて、、

これはプライスレスな価値!

しかし「人間」とうつと「関係」と候補が出るくらい
世界は、人類はみんな悩み、喜ぶんだね

2010/9/17  18:01

投稿者:A子

ほんまやなぁ、小学生のうちにいろいろ
連れてったげてよ〜
うちの高校生娘も、10年前に高知の川で泳いだのが
一番の思い出らしいけんなぁ〜
いっつも海ばっかりやったけん
シャワー浴びずに服着れるのがうれしかったわい♪
タルトマンはなんぼかしらんけど、素敵な思い出はプライスレス☆
いや、交通費かかっとるわ

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ