屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2007/2/11

タタキと土佐文旦  その他
カツオのたたきと土佐文旦が高知から届きました。
去年よりは随分と早い到着ですが、暖冬のおかげでしょうかね?
ダン吉の放送が無いのでやきもきしていますが、前々回や前回の放送で文旦やたたきが出てきて食べたいなぁ〜って思っていた矢先なので嬉しかったですね。両親にはホント感謝です。
太ったカツオです、うまそ〜。クリックして大きくしてくださいね。r初鰹の時期は4〜5月だと思っていたので随分早いですね。地鰹かもしくはもう黒潮に乗って来てるって事でしょうかね?随分早いなぁ。
まぁ疑問はさておき味わいましょう!美味いからたまらんですね。
そしてたたきのために用意しているポン酢が片隅に映っていますが、馬路村のポン酢しょうゆ”ゆずの村”です。ゆずポン酢は色々ありますがこれが一番たたきに合います・・と自分では思っています。生野菜にも良く合いますよ、水菜なんかにあわせてもいけます。
こちらでご覧になってください。
http://www.yuzu.or.jp/product2004/product2.html
この記事の編集中に高知から電話があり、このカツオは戻り鰹の遅い奴だそうです。
暖冬の影響で北の海も冷たくなるのが遅くなっているのだろうか?その分脂がのって美味いのは確か。

おいしい土佐文旦。クリックして大きくしてくださいね。r土佐文旦と東京文旦の一年生。クリックすると大きくなります。r
毎年この時期には送ってきてくれるのだが、さっぱりとした上品な味で飽きが来ない美味さです。
直径12センチぐらいです、中くらいの大きさでしょう、もっともっと大きな文旦もありますが3個で一万円ぐらいします。最近ではスーパーの果物コーナーにも陳列されているようですがホントに美味しい物はこの大きさで千円はするのでは無かろうか?
今年は暖かかったせいもあるのでしょうかおいしいですよ、果物屋さんで見かけたら是非ご賞味を!
右の写真は去年種を蒔き発芽した文旦の幼木です。まだ一年経っていないのですがここまで成長してくれました。東京で育っているので東京文旦と命名します。高知と比べると気温や日照の差は歴然なので過度の期待はせずに観賞用として育てるつもりです。

今日は天気もよく、屋上の作業がはかどりました。
課題であった袋植えのアスパラガスも移植してちゃんとカメラにも収めていますが、どうも今日の投稿には間に合いませんね、あと紅花(絹サヤの花)も咲き出したりネタは豊富にあるのですがなかなか投稿する暇が無いのです・・・コツコツ行きますのでヨロシクです。
0

2007/2/13  1:08

投稿者:NAO
ジュンさん、こんにちは。
もうすぐ届くと思いますよ!
今年の土佐文旦は気温が高かったせいかとっても美味しいですよ。楽しみにお待ちください。

2007/2/13  1:06

投稿者:NAO
マリリンさん、こんにちは。
そうだったのですか!
マリリンさんのブログへのコメントには返事してくれてるのに変だなぁとは思っていたのですが、それではしょうがないですね。ネットに繋がりにくかったり重かったり良くあることなのでしょうがないかな?

2007/2/12  17:19

投稿者:通称ジュン
我が家のは注文していますが、土佐文旦まだ
届きません、もう直ぐかなー??

2007/2/12  9:29

投稿者:マリリン
ご両親の愛情、毎年嬉しいですね。

愛情の一部、いただけると嬉しいな。頑張ります。

昨日は一日インターネットが繋がりませんでした。
そして、今気付いたのですが、テントウムシへの私のコメントがありません。時々あるんです。
投稿したつもりなのに・・・ごめんなさい。
遅くなりましたが、TBありがとうございました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ