屋上からの風景、富士山11/13 これからはこちらに投稿しますのでよろしくです。→http://okujou.seesaa.net/

2008/9/1

B737−700 U.S AIR FORCE  屋上からの風景
B737−700 U.S AIR FORCE
屋上を通過する飛行機は数あります。毎日毎日これでもかってぐらい我が家の空を横田基地に向かって着陸していきます。そして同じ数の機数が離陸していきます。

遠くから飛行機のライトが輝いていました、静かな接近だったのでプロペラ機のC−130ハーキュリーズかと思っていましたが接近して来ると違いましたね。
初めて見る白い機体でした。
B737−700、その1。彼方のライト。クリックすると大きくなります。r1B737−700、その2。クリックすると大きくなります。r1
B737−700、その3。クリックすると大きくなります。r1B737−700、その4。クリックすると大きくなります。r1
B737−700、その5。クリックすると大きくなります。r1B737−700、その6。クリックすると大きくなります。r1
南の空に機体を確認すると反射的にカメラを構えてます・・・
いつもなら音で認識するのですが、737のエンジンは静かですね、そりゃジェットエンジンですのでうるさいといえばうるさいのですがギャラクシーやファイター系に比べると圧倒的に静かです。技術はあっという間に進歩していきますがこういう進歩はうれしいです。
久々の我が家の上空を通過するB737。仕事でこの機体のフラップの部品も作っているので思い入れ大有りです。毎日この機体が1機以上できているといっても信じてもらえないでしょうが事実です。詳しくは言えないですが月産30機を越えています、信じるか信じないかはあなた次第ですけどね。
ボーイング社の戦略は直行便なんですね、ハブ空港間の大量輸送より少量輸送だがちゃんと利益の出る機体を作る、燃費や維持費を最小限に抑えられる機体を目指しているのだろうと思っています。もう747の時代は終わったのかも・・・もう10年以上747のフラップを作っていますがいよいよ年内で終了です。

C−5ギャラクシーとC−17グローブマスターVの比較です。
C−5ギャラクシー。クリックすると大きくなります。r1C−17グローブマスターV。クリックすると大きくなります。r1
ギャラクシーの機体の曲線が好きなんですが、エンジンの騒音には参ります。古い機体なのでしょうがないかな?最初に納入されてから40年が経ってます。
ジャンボ(B747)も同じ時期に開発されましたが米空軍に採用されなく、民間機として発展してきました。ギャラクシーは80機ほど調達されましがジャンボ(B747)はその何十倍もの機体が民間機として製造されました。その末端に携われることができたことが嬉しいですね。



ボーイングの新しい機体のB787にも少なからず携わっていますが、色んな報道のとおり遅れています。具体的にどうなのかという情報は残念ながら発信できません・・・あしからず。
0

2008/9/4  0:42

投稿者:NAO
オルスコさん、レスが遅れてゴメン!
州兵航空隊所属ですか、情報ありがとうございます。

こんな大きな飛行機が一日に一機出来ているなんて信じられないですが事実なんですね。
今月は36機分作れって言われてますが・・・・

2008/9/2  0:39

投稿者:オルスコ
白い737は州兵航空隊所属です。
今年前半、737は187機納入されたので、確かに1日1機強できてる計算
ですね。

http://diary.jp.aol.com/qgvgnka/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ