TOMIX 489系あさま

2017/8/1 | 投稿者: 久喜

先日入線しましたTOMIX「489系特急電車あさま」について早速紹介してまいりたいと思います。583系N1N2は後日で・・・(爆)
クリックすると元のサイズで表示します

まず購入の経緯としては、厳密には北陸系統の車両ではないにしろ、直江津まで入線していたため、485系ファミリーのため、他の車両と共演させやすいことと、最近管理人の興味が北陸から長野に南下しているためです(謎)。今後、189系、211系長野色や115系にも手を出しそうです。189系はTOMIXかKATOか悩ましいところ・・・。

ちなみに実車はおそらく乗ったことがないです・・・。というのも旧あさまに乗ったのが幼少期のため189系に乗ったのか489に乗ったのか記憶にございません。高確率で189系だと思いますが。
クリックすると元のサイズで表示します
編成は9両です。189系あさまはグレードアップ編成があり、11両での運行がされているため(非グレードアップ編成は9両)、489系は非グレードアップ編成に分類でされるということですね。

クリックすると元のサイズで表示します
全面。200番代600番台共通です。実車は200と600番台でジャンパ受けとか違うのでしょうか。貫通扉は埋め込まれている姿が再現されており、特急のシンボルはありません。ヘッドマークですが扉が埋め込まれているため485系200番台に比べ小さく感じられますが、共通仕様だと思われます。
クリックすると元のサイズで表示します
先頭側面には189系同様「ASAMA」のロゴが印刷済み
クリックすると元のサイズで表示します
正直全面を見ただけでは200番代と600番台の区別がつきません。
489系の貫通型は新規金型となりますが、今後国鉄色など別バリエーションの製品化にも期待ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
200番代と600番台の違いは床下のようです。見辛いですがCPが2つ搭載されている手前が600番代、奥が200番台です。
クリックすると元のサイズで表示します
上が600、下が200。側面からではあまり違いはありませんが、床下は比べると様々な違いが見受けられます。
クリックすると元のサイズで表示します
モハ488。パンタの左右の爪が異なります。
クリックすると元のサイズで表示します
モハ489
クリックすると元のサイズで表示します
サロ489。ラジオアンテナの取り付けが必要です(写真は未設置)。

 発売が9月から7月に前倒しされ、予算的に苦しくなりそうでしたが、その一方でGREENMAXのE653系の再生産が延期になり、購入順位が入れ替わる形となりセーフでした。2ヶ月も前倒しとはEF63を含め、KATOの今秋発売される碓氷峠シリーズを意識したのでしょう。KATOとは競合となるものもありますが、ある意味相乗効果もあるでしょう。何れにしてもKATOの碓氷峠シリーズも待ち遠しいです。





0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ