2007/11/11

ほわー  日常

ホントにこのブログのタイトルについて、そろそろ姐様のお仕事先や他関係者やファンの方々に怒られてもおかしくないな、とドキビクしている今日このごろ…。

小心者なので、ご迷惑が掛からないうちにブログタイトル変更するかもよ姐さん…。
た、たぶん…。
きっとアナタは
「何言ってんじゃー!あたしへのイメージでかくしすぎやー」
なんてまた言うかもしれないけど、全国区で書籍を発売するってーのは
デカイですからっ!
…かなり。

でも早く発売されないかなー!

それだけが今一番大きな嬉しい楽しみです。
惑星で言うなら太陽並のデカさよ。
…と、プレッシャーをかけておく。(笑)




さて、他の日記じゃ書けない負の日記のお時間です。重ッ!暗ッ!

今まで生きてきてそれらを振り返る時、人には誰しも”暗黒期”とゆーものがあると思います。…たぶん。
いま思い出すだけでイヤ〜な気分になってしまうような事件・問題があった期間・時期とゆーか…。

その時、自分がいくら前向きに、温厚に、相手の気持ちや考えを一番に酌んで、どうにか、どうにか話し合いを重ね上手くいくよう善処しようとしても、その全部の糸をプッツリと切ってしまう人、という存在は少なからず存在するわけで。

偽善かもしれないけど、信じたいから信じても、重ねられる嘘や裏切り。
ずっとそれを続けるなら、話し合っても何も思ってくれるものがないなら、平和に楽しくアハハと生きたい私は、その関係全てを”切る”道しかない。

黒い台風みたいなモノから絶対的に”切れる”には体力が入り、結果平穏が訪れた頃にはもうボロボロ。

で、台風から逃げて手に入れた平穏が、徐々に癒してくれる。
今はずっと平穏だけど、思い出すともうソレ関連のモノもイヤだし、それ関連の人も思い出すのがイヤで。
それが暗黒期。(勝手な造語)

人によってはその暗黒期が恋愛であったり、友人関係であったり、家族関係であったり様々ですけども、ワタシが一番多いのは友人関係の暗黒期。
男絡みが多いので恋愛:友人の比率は4:6でしょうか。

…遡って、ワタクシがなんでこんな話を書いているのかというと、その暗黒期の関連の人が平穏に割って入ってきたからなんです。
数少ない大事な友人を、半ば人質(?)まがいに…。

また台風の中に投げ込まれそうです。
人が楽しくアハハと暮らしている毎日をぶっ壊して、何が楽しいのか。
それともわたしが能天気すぎるのか。


でも、もうあの頃の私とは違う。
きっと、前より打たれ強くだってなった。


自分の気持ちを抑えるのは、信じる事じゃない。

受け入れる事じゃない。

”自分”を守る事でもない。


今の平穏全部守るため、奴を泥沼集団の中にブン投げ返してやる!
みておれーーーーー!!

アタイが泣いて帰ったら、バックには血塗られた木刀を振り回す女帝だってついてんだかんなー!(爆笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ