2004/6/7

東名を歩く  バイク・自転車
ある日の午後、東名を東京方面に向けかなり飛ばしていた。

バイクで東名を走ったことはめったにないので、きっと緊急の用事があったのだろうが、どんな用事だったのかは覚えていない。

足柄サービスエリアを抜けてしばらく行ったところで、エンジンが急にアクセルについてこなくなった。それでもそのまま鮎沢パーキングエリアに入ることができたので、バイクを止めエンジンを見たが、結局何も分からなかった。しばらく休んで再度エンジンをかけると、今度はマトモに動いた。

何か納得できないまま、再度走り出した。しばらく走ると、またアクセルについてこなくなった。ついにエンジンが止まってしまい、東名の路肩でバイクを押すはめになった。時速100km前後で走る車の脇をバイクを押しながら歩くのは、かなり恐かった。

大井松田インターチェンジ出口の看板付近でセルを押してみると、エンジンがかかった。騙し騙し走り出し、インターチェンジを降りることができた。

既に暗くなっている中、バイク屋を捜して南下したが、なかなか見つからなかった。スーパーカブも扱っているような自転車店があったので、そこに転がり込んだ。

オイルが無くなったのかもしれないと店主が言った。無いわけではなかったが念のため補充した。状況は変わらなかった。原因が良く分からないので、店主は外に一服しに行った。5分程して彼が戻ってきた時に言った一言で、全て解決した。

「ガソリン入っているか?」
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ