2005/1/30

視聴覚  彼と彼女の風景
教室を出た二人は、並んで階段を降りていた。彼は文化祭に誘われ、昼前から彼女の高校に来ていた。

「最後に出た女性二人組は、かなり良かった」
と彼が言うと、
「休みの日には、たまに伊勢佐木町で路上ライブをやっているみたい」
と彼女が続けた。
「ボーカルもうまいけれど、ハモを付けている子のセンスが良い」

彼の方を見ながら階段を降りていた彼女は、最後の1段を踏み外した。彼は彼女の手を取って支えようとしたが、バランスを崩して二人で倒れてしまった。彼女を支えきれなかったものの、彼は自分の腕を彼女の頭の下に差し込むことだけはできた。

人目を気にして真っ赤になり座り込んでいる彼女の手を、先に立ち上がった彼が引き上げた。
「腹が減ったから外に食べに行こうか?」
昼食に焼きそばしか食べていなかった彼は、きまり悪そうに自分の服をパタパタ叩いてる彼女にそう言った。彼女は小さく頷いて、彼について行った。校門を出て左に折れ、200m位進んだ所にあるデニーズに、二人は入った。

早めの夕食を済ませた頃には、彼女は普段の彼女に戻っていた。
「もう一度学校に戻る?」
と彼が尋ねると、もう彼女のクラスの出し物は終わったので戻る必要がないと言う。
「じゃあ散歩に行こう」

デニーズを出た二人は日曜日で混み合う中華街を抜け、人形の家のからくり時計を見てから山下公園に出た。手すりにもたれて氷川丸と海をしばらく眺めたあと、彼女が言った。
「シーバスに乗ってみない?」
「いいね! 乗ってみるか。乗るなら左側だな」
彼は、嬉しそうにそう答えた。

Copyright (C) 2005 Setsu. All rights reserved.

Read More はコメントへの返事です → PinguChocoさん

実は「階段を1段踏み外しただけで転ぶか?」って突っ込まれやしないか不安でした。
私だったら、とっさのことに反応できずに、転んでしまった彼女の前でおろおろして、「大丈夫?」とか言っているだけだろうと思います。:-)
0

2005/1/31  17:20

投稿者:PinguChocoさん
こういう瞬間にその人の人間性が出ますよね。私がこの彼女だったら、このシーンが何度も何度も頭の中で当分まわっていそうです。私が転びそうになったら、だんなだったら、さっと逃げそうだな・・・(^_^;)。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ