2005/11/1

横浜駅で  彼と彼女の風景
水色の電車に乗り換え20分ほど南下した駅で、さらにもう一度乗り換えた。

「どこに行くのか分かってきたような気がする」
笑いながらそう言う彼に、彼女はこう続けた。
「さすがにもう分かっちゃたか。今日は一日楽しもうね」

目的地のすぐ目の前の駅で降りた二人は、並んで階段を下り始めた。二人とも笑顔だ。

少し早足になって、彼女の半歩前を歩いている彼に向けて彼女が言った。
「こら、一日中手を繋ぐ約束でしょ!」
それまでずっと繋いでいた手を、改札を出た時から離してしまっていたことに彼女が気づいた。
「ごめんごめん」
と言いながら半ば振り返りながら手を差し出す彼の手を、彼女は握りしめた。

Copyright (C) 2005 Setsu. All rights reserved.

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ