2005/11/6

数週間前に  
畑の中に止められていた117Coupeが無くなっているのに気づいた。

この記事に書いた1台目の車だ。あれからもずっと畑の中に置かれたままで、動いているような気配が感じられなかった。時には農作業に使う器具を立てかけられたりして、ボディーの錆が進行しているのが、国道から見ていても良く分かった。

近くにある車の用品店でオイル交換した時の作業待ち時間に、写真でも撮りにいこうかなどと考えてもいたのだけれど、実行に移せずにいたら、もう無くなってしまった。

きっと廃車にされたのではないかと思うが、長い間放置されて、そのまま朽ち果てるよりはましだろう。想像するに、あの車を購入した人がどこかへ行ってしまい、残された家人が処分に困っていたのではないだろうか。

通勤時にあの車の横を通るたびに眺めていたら、一つ気付いたことがあった。
そのナンバープレートにある番号は117だった。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ