2007/6/9

「あのねぇ  彼と彼女の風景
お願いがあるの」

6時間目の授業が終わり、のんびり帰り支度を始めた彼に向かって彼女が囁いた。
隣の席に座っているので朝の挨拶くらいは交わすのだが、二人はほとんど話したことがない。

「なに?」
「買い物につきあって欲しいんだけど...」
「『買い物に』っていう限定が無ければすぐにOKって答えるのに」

彼の言葉に、二人とも笑顔になった。

「文化祭の模擬店に使うもの?」
「そう。今日実行委員長と行くはずだったんだけど、彼女休んじゃったから、誰か代わりの人って考えてたんだけど、あなた以外みんな忙しそうだし...」
「まぁ、どうせ帰宅部の俺は暇だけどな。で、何を買いにいくわけ?」
「ベニヤ板を3枚と、ポスターカラーを5色。作ってるうちに、最初に考えてたのより大掛かりになってきちゃった」

彼女が指差す先に、作りかけのカウンターがある。

「あの絵は全部一人で書いたの? さすが美術部だけあってうまいなぁ」
「ありがとう。で、つきあってくれる?」
「あぁ、いいよ。 さすがに一人でそんだけ持って来るには多すぎるしな。 買いに行くのは渋谷のハンズ?」
「そう」
「じゃあラッシュにならないうちに出かけるか」

そう言って立ち上がり、教室の後ろの出口に向かう彼に、彼女が続いた。

「限定じゃ無くっても良いんだけどなぁ...」

彼に聞こえないくらいの声でそうつぶやいた彼女は、嬉しそうに微笑んでいた。

Copyright (C) 2007 Setsu. All rights reserved.
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ