2012/4/27

伊那ツアー  バイク・自転車
連休初日の今日は、天気が良く気温も高くなるとのことなので、いつもより遠くまで出かけた。

何を着ようか迷ったが、冬用のジャケットでは暑すぎると思い、メッシュジャケットを選択。オーバーズボンははかずに、念のためタイツを着用。9時少し過ぎに走り始めたものの、日陰ではメッシュジャケットを通した風が寒すぎて、一旦家へ引き返す。ジャケットの下に、風を通しにくい素材の上着を着用して出直し。

まずはガソリン補給のため天竜方面へ。途中でガソリン警告灯が点滅し始めたので、浜北大橋の通りにあるガソリンスタンドに向かう。318.9km走って11.9lなので、燃費は26.8km/lとまずまず。トイレを借りたあと、浜北大橋へと引き返し、天竜川左岸を北上し双竜橋で右折して、国道152号線を進む。152号線が分断された区間は兵越峠を経由。地図では林道となっているが、ちゃんと舗装された道。無事峠を越えたあたりで休憩。
クリックすると元のサイズで表示します

引っ越し屋さんのCMですっかり有名になった下栗の里への入り口の表示がいくつも出ていて、ちょっと興ざめだなぁと思いながら素通り。そのあとも152号線をぐんぐん北上していったが、小沢で道を間違え国道474号線のとてつもなく長いトンネルに入ってしまった。バイクで走っていても外は結構暖かいが、トンネルの中はとても寒くて震えてしまった。トンネルを出た所で地図を確認し、やっぱりそのトンネルへと引き返す。寒いのは我慢。

152号線はその先も分断されているので、しらびそ高原方面へと蛇洞林道を上る。この道もちゃんと舗装されていて、私好みのくねくね具合。峠付近で休憩して念のため地図で確認し、次の写真で左側の大鹿村方面へと進む。


市野瀬を過ぎたあたりだったと思うが、道沿いに流れる川の水のきれいなことに感激。国道を走るバイクからでも川底までくっきり見えた! やがて川は美和湖となるが、やはり水がきれい。152号線を湖沿いに進むと、桜で有名な高遠。ここに来るまでの途中も結構桜が奇麗に咲いていたことも有り、取り立てて感激もせずに素通り。
県道209号線へと左折し、ちょっと東進したあと右折で橋を渡りすぐに左折して、快適な道を伊那市役所方面へ。

国道153号線へと右折して北上し、水上橋西交差点を左折し、すぐ(5m位?)に左折して裏道へ。きちんと下調べをしておいた『たけだ』に到着。店に入ったら店員がちょっと困ったような顔。そう、私が入ったのは昼時の営業時間14時ぎりぎり。(というか数分過ぎていた?)
クリックすると元のサイズで表示します

でも断られる訳でもなかったので、遠慮無く『お得ソースカツ丼』を注文。食べログで調べた時は880円となっていたが、1100円に値上がりしていた。ツーリングマップルで帰りの道をどうしようか調べたりしているうちにカツ丼到着。写真と違わぬボリュームにちょっとビビりつつも、カツを丼の蓋によけたりしながら挑戦。結果、見事平らげました。支払いしながら遅れて店に入った旨を詫び、今度来る時は早く来るねとスマイルサービス。満腹になったせいか、駐車場に置いたバイクに戻ってから走り出すまでのペースがいつもより遅い。

結構距離を走ったために、帰るまでにもう一度ガソリンを入れないといけない様子なので、何だか混んでいる国道153号線を南下しながらガソリンスタンドの価格表示を見てみると、軒並み159円/lと浜松より高い。もっと安い店は無いかと探しているうちに伊那を過ぎ駒ヶ根も過ぎて飯田市街へ。その先で入れたら田舎価格でさらに高くなるので諦めて高屋三叉路にあるShellで給油。EasyPayが使えたので158円/l。走行距離238.8kmで8.53l入ったのでちょうど28km/l。

そこからは国道151号線を南へ。飯田市街を離れるにつれ、混雑が解消して快調なペースで進む。下條村辺りからは快適そのもの。阿南を過ぎ巾川トンネルを抜けた先の『バンクしたまま一回り』的(地図で見ると270度くらい?)な上りも面白い。前回通れなかった太和金トンネルも普通に通れて一安心。この辺りからクラッチを切る左手がだるくて操作が横着になってきた。

東栄で県道9号線へと左折&右折して、いつもだったらくねくね道を快調に飛ばすのだが、左手が痛くてほぼ4速ホールドのテキトーな走りで峠を越える。この9号線を走ってこんなにつまらなかったのは初めて。9号線を何とか抜け、塩見渡橋を越えて天竜市街へ。国道152号線へと左折し山東で右折して国道362号線を自宅へと戻った。自宅到着は18時30分頃。

本日の走行距離 419.2km
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ