2010/2/5

ねむねむ  山スキー

どうしてもパウダーが滑りたくて出掛けた、奥飛騨温泉郷。

でも体は正直に休養を欲しがっているらしく、眠くて眠くて、こんな日の安房トンネルは実に遠い。

初めから降雪の中の樹林帯を上がるつもりで出てきたものの、やっぱり灰色の空から横殴りに吹き付ける雪を眺めていると、「まぁゲレンデでもいいかなぁ」と、妥協の心が首をもたげてくる。

いや、ゲレンデならば暗い中を走ってくることも無かったハズ。
ここは気合いを入れて、疲れていたって行けるところまで行ってみるべきだろう。

付き合わされてどうでも良さそうな久野と、とりあえず歩き出す。

クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、この向こうには、未知のパウダーワールドが拡がっている!

「今回も単独でいいや」とは思っていたが、
硬い層に20aほど新雪の乗った沢通しからのスタートは、滑るなら兎も角も登るには、チョット気分のいいものではない。

やっぱスキーで独りってのは、せめてビーコン(KT)くらいは欲しいよな・・・
とは思うが、やはり新雪を歩いたり滑ったりする浮遊感は、とても心地よいものだ。
これだから山スキーは止められない。

コース上の累計標高差は、山頂までだと1500b。
当然ながら山頂まで行く気なんて無いわけで、1000bも登れれば恩の字だ。
とか思っていたが、700も登れば充分。

もとより体がクタクタなので、適当に樹林帯の滑降を楽しんで、午後には温泉の湯船に浸かっていた。
流石に日々ゲレンデで特訓中の久野は、久野にあるまじき軽快さで、粉雪の中をスイスイ滑り降りていったのだが、これには感心と共に、危機感を覚えずにはいられない。

(最近は同じゲレンデ通いでも、久野はスキー場、私は人工壁と、日常生活は全くの別行動。スキーに関して私は大きな遅れをとっているのだ)

クリックすると元のサイズで表示します
ジムニーに、山用と敗退ゲレンデ用の板を積めば、KTの乗るスペースは最早ナシ

そこから更に1時間、富山まで走って回転寿司に有りつき、鉱泉の「日本酒試飲会」用の酒を見積もって、更に閉店間際のかもしか松本店へ駆け込んで、その後山梨へ。

はたしてこれは、リフレッシュの一日だったのか?

よく解らない、長〜い一日だったのでありました。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ