2011/8/6

安全を優先に  岩登り

「初級岩登り講習と小同心クラック」

1日目の講習は、やはり不安定な雲行き。

雨が来たかと思えば、晴れ間が覗く。登ってみれば、また降り出す。

確保の仕方、ロープの結び方に始まって、手掛かりを引かずに押して身体を上げていく、凹角の登り方。そしてマルチピッチの手順。

「小同心クラック」に必要と思われる、基本的な動きは一通り終わった時点で、このような天候では全てをお終いにすべきだった。

けれどお客様の動きがとても良く、
「折角なら、もう少しステップアップした処も登って欲しい」

と思ったのがマズかった。

もう少しなら保つだろうと読んだ雨。
核心の動きを何とかこなそうと、頑張ってしまったお客様。
そして激しい雨。

結局は色々なことが重なり、スリップしてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、濡れた岩場は危険だ。
「登らせてあげたい気持ち」「登りたい気持ち」、それらより、何より優先すべきは、やはり安全だろう。

「常に安全こそを、全てに置いて優先する」
山は勿論、岩場に置いても。

強い「戒め」として、勉強させていただいた1日でした。






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ