2013/7/19

オラが一番知っている  

一晩中降り続いた雨で、小渕沢は朝からベッタリ濡れている。

カサメリはお預けで、坊抱岩へ走る。


いつもより風は乏しいながらも、長野市や千曲川の流れを眼下にした貸し切りのロケーションは、贅沢そのもの。


朝ドラで泣いた、アキの言葉を思い出す。

「オラだせーよ。ダサいのは、オラが一番知ってる」

「でもオラ、どれだけダサくても、ギリギリのとこで踏ん張ってんだ」


そうさ、知ってる。

「私だってダサいさ。何年も頑張って、踏ん張って・・・」

「挙げ句の果てに、・・・」

「すっげ〜ダッセ〜っ!」


一生懸命やっても馬鹿を見る。


「悔しくって、ダサすぎて、涙が出るよ!」

「でも、ギリギリのところで踏ん張ろうとしてるんだ」



でも、そんなのぜ〜んぶっココから、投げ捨ててやる・・・。


って感じで登ったら、今日も登り過ぎちゃいました。
・・・少しずつ良い感じかも。


クリックすると元のサイズで表示します
爽やかな昼下がり、今日は布団干してたら、オオムラサキが現れる








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ