2014/12/14

11b対決  岩登り

地方の岩場には珍しく、他のスクールさんも来ており、案外岩場は混んでいました。

そして登れるメンバーが揃っていたこともあって、そこそこやさしいのでアップを終え・・・

本日のお題目は、11bです。


クリックすると元のサイズで表示します
11台を上りたければ、10台をいくら登っても、11のホールドは持てるようにならないし、11台のムーブも身に着けることはできません


自分が楽に登れるグレードも登ることで、持久力やレストのタイミング、クリップの技術などを身に着け・・・

かつグレードアップを目指すには、一歩先のグレードも触らなければなりません。


クリックすると元のサイズで表示します
「ボルダリングしかほとんど経験がない」と言うKさん

クリックすると元のサイズで表示します
でもボルダリングの思い切りの良さで、

こういった「乗っていないほうの足で、壁の同じ高さを抑える」ことが、しっかりと出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します
垂壁なので基本は正対

体の振りは微妙になりますが、その中でも縦ホールドを効かせるため、甘いホールドである右手に対し、体を「振ろうという意図」が、見て取れますね。

限界のルートを触る時の目標は、完全に登りきること、でなくとも構わないのです。

新たな自分の引き出しを身に着けることこそが、目標なのですから。


帰りは甲府随一!?のうまい店!

クリックすると元のサイズで表示します
「どてやき」でしょう♪(ドライバーは風邪気味のクノでした♪♪)






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ