2016/7/25

Col dei Bos  ドロミテ

Col dei Bos Degli Alpini VF3B

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りは、第一次世界大戦中の激戦区

torre Falzaregoの麓に今も残る、野戦病院跡地の先が、スタート地点です


クリックすると元のサイズで表示します

いきなり激しい傾斜で始まる、本格的なビアフェラータ


クリックすると元のサイズで表示します

始めっから腕パンプ!


クリックすると元のサイズで表示します

Exposure sense!(露出感満点)


クリックすると元のサイズで表示します

しかも最初だけではなく


クリックすると元のサイズで表示します

何処までも上へ上へと伸びていく、ビアフェラータのケーブル


クリックすると元のサイズで表示します

通ってきた尾根は、恐竜の背中みたい


クリックすると元のサイズで表示します

ゴールイン!


クリックすると元のサイズで表示します

見晴らしの良い丘でのランチタイムは平和そのもの
(土台があるので恐らくは大戦中の砲台跡・・・)


クリックすると元のサイズで表示します

トーチカ(塹壕)の穴が、いくつも連なる壁の傍らを歩いて、下山します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Tofana Di Rozes 「薔薇のトファネ」3225m

この山頂にもビアフェラータはあります。

遠く東はドライ・チンネから、西はアルコのもっと西まで。
延々と、イタリア対オーストリアの国境稜線に張られたお互いの防備線、塹壕が続いていたのです。

http://www.planetmountain.com/it/foto/alta-via-della-grande-guerra-nelle-dolomiti/38492?s=4


戦火を経て100年の時を、ただそこにあるがままの姿で、眺めてきた山ですね


クリックすると元のサイズで表示します

トップでスタートした私たちは巻き込まれませんでしたが、凄い渋滞中・・・


クリックすると元のサイズで表示します

この辺りには大戦の資料となる書籍も店に沢山置いてありますが、当時はまだ兵器といえば砲台くらいで、高みにある敵陣を人海戦術で奪い合った時代のこと。

累々と屍の連なる凄まじい戦闘が繰り返されたようです。

病院跡地には暖炉の跡なども残っていましたが、酷寒のアルプスを岩穴の中で過ごす越冬は、どちらの陣営の兵士にとっても同様に辛かったことでしょう。

陸繋がりの国境を持たない日本という国の、この時代に生まれたことは、幸せなことだと感じますね。








※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ