2008/5/23

にっぽんトラバースルート  山スキー

行って来ました。日帰り縦走。

「北ノ俣岳〜黒部五郎岳〜三俣蓮華岳〜双六〜新穂高温泉」

クリックすると元のサイズで表示します
北の俣岳には、小さな手鏡のような池糖が、そこかしこに姿を現し始めています


勿論この時期、既にスタートの飛越新道や、下山の新穂高温泉に至る林道には雪はありません。

板を担ぐ距離も長くなる訳で、7時間くらいは担いでいたでしょうか。
終盤戦、ワサビ平小屋で荷物を降ろした時には、肩が鬱血してガチガチになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ルート中は、その日の朝には通過したと見られる「熊の足跡」が3カ所も
何だか近くで見られているようで、その都度二人で歌ってみる
(ちなみに、このコース北半分の薬師岳で、私は同じ5月に熊と遭遇した経験があります)



稜線歩きこそ問題なかったものの、アプローチである飛越新道と秩父沢出合いで藪と格闘し、ルートを探すこと2回。
最近も降っている湿り雪はザラメになりきらず、板の滑りは全般に今ひとつでした。

板やシールのセットに靴の履き替え意外は休むことが無くても、結果的に行動は16時間。
本来は夏のコースタイムで20時間ほどだとはいえ、スキーの特性であるスピードを活かす
には、まだまだ滑る時間を短縮出来るはずです。

久しぶりに歩いてみると、スキールートというよりは、トラバース主体の縦走コースでしたが、またひとつ、課題がみつかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
三俣蓮華岳付近を行く




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ