2008/5/28

須走りべんじ  山スキー

今のマイブームは勿論山スキー。

中でも運転距離は短かく滑降距離は長い、最も効率的なトレーニングにもなる。
という三拍子揃った富士山はお気に入り。

クリックすると元のサイズで表示します
富士五湖有料道路も使えば2時間で須走登山口です

クリックすると元のサイズで表示します
須走口までは「ふじあざみライン」無料ながら、自衛隊の演習場のど真ん中を走る
この日も、朝も早くから道路脇でホフク前進している一団が・・・お疲れ様でございます


今回は久野も一緒で、平日の静かな須走口を楽しんで来ることが出来ました。
(ただし背後では演習中?凄まじい砲弾の音が轟いていました)

気象条件は前回に同じく前線が接近中、遅くなれば雲が増えて夕刻には雨の可能性有り。

こういった場合は、どれだけ周囲に登山者が居ても、警戒心が強い単独行では逃げ足が速いもの。

けれど今回は二人だったので、頂上小屋まで行ってきました。

途中早くに滑っていった二人組と離れてすれ違い、その後で携帯が鳴る。
「速いッスねぇ、今何合目ですかぁ?」
「??」
平日ひょんな場所で会う知り合いは意外にあるものですが、すれ違ったのは名古屋に住む山小屋仲間だったのでありました。

駐車場からの見た目には、この10日余りで雪解けもかなり進んだように見えましたが、ブル道を直登して板を担ぐこと2,30分。
以外に早く谷筋に雪が現れ、さほどの苦労はありません。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日権現岳、今日は富士山
「ガイドのいえのペットも、らくじゃ〜ないワ」


前回よりは+10℃程。滑降も湿った新雪でブレーキの掛かった前回とは違い、頂上から上質のザラメが続きます。もうサイコー!

ちなみに、サミットウォールに氷柱の姿はありませんでした。
ここしばらくの気温が、低すぎるようですね。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ