2020/5/30

制限解除と第二波  日常あるいは平穏な日々

東京都のロードマップではゲームセンターもパチンコ店も「ステップ3」で自粛解除となるようですが、まだステップ1の現状で、通勤圏内のパチンコ店の多くは通常営業してました。
むしろゲームセンターがしっかり休んでいるのを意外に感じてしまいます(怒られてしまうけど・・・)。


6月1日から仮にステップ2となったとしても、ゲームセンターは休業要請継続中のはずです。
その一方で、多くのゲームセンターは5月31日まで休業する旨の告知を行っています。
具体的な店名は自重するけど、私の通勤圏に限って言えば、おそらく6月以降は早く上がれたらアカデミーを遊ぶことはできるかもしれません。


実際のところ、仮に今から感染者数が再び増えたために東京都が再自粛を要請したところで、どこまで守ってくれるだろうか。「これ以上自粛すると営業自体が出来なくなる。感染管理対策はそれなりにするからもう勘弁してよ」というのが実情な気がします。



結局、いつまでたってもクラスターは常に発生しうる以上、あとは医療現場の負荷との兼ね合いで考えるしかないのでしょうね・・・


身近なところでは、職場やプライベートの飲み会の類をどこまで解禁できるようになるだろう。
運悪く感染した無症状者が飲み会に参加して、職場にクラスターが発生したらとか考えてしまうと、もう永遠に飲み会なんてできないような気がします。
少なくとも、職場単位でできるのかなぁ?
もともと今の職場は飲み会大好きっ子な職場のはずだけど・・・さてさて。



私自身、ゲームセンターに率先して行こうとは正直思えなくて。
タッチパネルで遊ぶ以上、その前に感染者がいれば確実にアウトですよね。
解決方法は、前回のついーともそうだけど、抗体を持つしかなさそう。
ゲームセンターの営業がしんどいのは承知しているけど、それこそci-enの登録くらいしか私にはなしえないな・・・


想定できる最悪のシナリオは、東京都の感染者が一日で50人程度まで上昇することにより、再度の自粛を東京都が要請したものの、もう十分な予算もとれなくなってしまう。よって各店ごとに感染管理をしつつも営業が行われて、その結果一気に300人くらい一日に新規感染者が発生する。こんな感じ。


・・・どこまでも後ろ向きな書き込みしかできなさそうだから、この辺で打ち止め。
また二週間後くらいに、東京都の感染状況がどうなるか。
そして私は、無事でいられるかどうか。
これが最後の書き込みにならないといいなぁ。
(仮に感染しても、たぶん私はその事実を書き込みしないと思います)

2020/5/24

新しい生活様式  日常あるいは平穏な日々

なんといいますか・・・



罹患した時点で職場が閉鎖になってしまうこの疾患は、なんともしんどいですよね・・・
一回かかって抗体がつくかどうかも不確定要素が多く、はっきりしないことが多いです。


ただ・・・おとなしい生活を続けている限り、今のところ自身は感染せず今に至ります。
仕事はもうぐちゃぐちゃなので現実逃避しかありませんが。



今後、ゲームセンターにとどまらず、リラクゼーション系の整体を受けてその場所で感染する可能性だってあるわけで・・・発熱前の時点だったらもう客も店員もどうにもならない気がします。


もう少し精度の高い抗体検査が出来てきたら、それこそ安心材料にはなると思うのです。
その日が来るのはまだまだ先。


なんとなくでしかないけど、屋形船しかり、スポーツジムしかり、感染者がはぁはぁするような場所が危険というのはなんとなくわかったので、人前ではぁはぁされないような場所で生きていきたいところだけど、都心在住者ではもう絶望的。
そうでなくても今後、海外旅行者や海外出張者が行き来することになりますし・・・



そんなわけで、軽く絶望する今日この頃ですが、せめておいしいものを食べて、ジョギングして健康でいたいところ。
ワーカホリックすぎるブラック職場なので、夕食をとるのが深夜帯というのだけはなんとかしたいけど、これも無理そうだ。
ああもう!まったくもう!(CV:木戸いづみ)


オチはありません(^^;)
おせちもいいけど、たまには救いようのない書き込みも。

2020/5/24

知は力なり、の裏側  日常あるいは平穏な日々

知は力なり、とはフランシス・ベーコン(文系文字パネル)の言葉でした。
アカデミーを遊ぶ人ならよく自覚されると思うのです(^^;)
私が学生のときの、教授の座右の銘の一つがこれだったなぁ・・・


ただし、力というのは力でしかなく、自分にプラスになるかマイナスになるかは自分次第なのですよね。
アカデミーの世界でも、シンプルに答えれば正解だったのに、余計なことを考えたり、別の知識から素直に考えずに回答したら、単独不正解をやらかしたり・・・なんて。



昨日から今日にかけて、てらすはうすのニュースが流れています。
詳細は自重しますが、この事件の当事者達の多くは、知らなくてもいい情報を知ることになり、それで一喜一憂する構図に見えました。
この当事者達が、SNSを使わないか、まさに「ときどき、くるね」でいればよかったと思うばかりです。


情報氾濫に対して遮断することはよくないのです。
ですが、溺れてもいけないのです。
泳げないと思ったら、無理にSNSを開かず、ジョギングでもしましょうか・・・(なんだこれ)
続きを読む

2020/5/16

自粛解除傾向とかいろいろ  日常あるいは平穏な日々

朝からタイムラインに、魚津のアップルの営業再開のついーとが流れてきました。
富山は緊急事態宣言が解除されているので、必然ではありますが・・・


まだ解除されていない東京でも、解除を踏まえた動きになっています。
近くの商店街の個人営業の喫茶店は、朝からモーニングを始めていました。


実際のところ、この数か月で感染に対する危機意識はそれなりに伝わったと思います。
解除したとしても、個人の意識がそれなりに伝わっていれば、今年の冬前よりは感染しにくいのでは
ないかなぁと思います。


その一方で、ライブハウスみたいなところは、参加する側がマスクして3密にならずにイベントができるかといえば、どう考えても無理だと思うのです。
だから、感染の第二波は確実に起こると思います。


当面というか、あと1年はずっとマスクつけていたほうがいいのかなと思っています。


ゲームセンターに関して言えば、タッチパネルを触った手をきっちり消毒する習慣ができていないと危険でしょうね・・・前回の書き込みでも触れたけど、ゲーセンがクラスターになったと見極められるのかどうか。
しいて言うなら、メダル預かり証を持っている人が多数感染したら、疑われる、くらいかな・・・


私自身に関して言えば:
行動範囲のゲーセンはすべて営業していません。
職場から自宅までの途中のゲーセンも営業していません。
コナステで遊ぶには帰宅する必要があるけど、今の職場は課長さんが22時までご飯も食べずに残業するような職場なので、サークル対戦はもう私は今の時間では無理な気がします。
どうしたものか・・・この環境が変わるかどうか。

2020/5/10


オンライン麻雀ゲームははるか昔からあったけど、奥州テクノワールドの店長とファンタジスタの店長がこのソフトで対戦したのを「奥州テクノワールドサークル」の方々が見て、アカデミー勢にも一気に広まった気がします。

かくいう私もアカウント作ってしまったので、忘れたころに遊んでいます。


・・・これを遊ぶと、もうコナミのまーじゃん格闘倶楽部を遊ぶ必然性がなくなってしまうのですよね・・・違いといえば、プロ雀士と対戦できる!とかそれくらいになってしまいそう。


ゲーセンが自粛する直前でも、まーじゃん格闘倶楽部を遊んでいるご年配な方々(私が言えた義理ではないのでしょうが)は多数いてました。
そういった人たちばかりになっちゃうかも?


あと、かつてヒロケンさんがくいなさんと麻雀打ちたい的なツイートをされていたけど、友人戦を使えば実現できると思うのです。
氏に言うべきか?

2020/5/9

池江璃花子さんから始まる駄文  日常あるいは平穏な日々

かつて白血病を公表したのちに治療されていたこの方が、406日ぶりにプールに入ったそうです。

この方を悪く言う人はあまりいないと思います。
どういう切り口で考えても、悪く言えるような部分が非常に少ないから・・・

余計なお世話だと思うけど、岡江久美子さんも抗がん剤の治療後だったわけで・・・状況は似ていると思います。
いいニュースだと思うけど、どうか無理はしてほしくないと思うばかり。


白血病を公表して、闘病記を書きながら亡くなられてしまった、とある看護師さんのサイトは今も残っているようです。
白血病も内容によりかなり細かく分かれているから、一概に治るとも治らないとも言えないものだけど・・・もしも自分がなった場合、どんな思いになるのだろう。
今のようなおきらくな書き込みはたぶんできないだろうなーと思っています。
そう思うと、当事者であったこの方が凹みツイートをほとんどしないというのは、素晴らしいことであり、私には真似できないものです。
新潟時代、徹夜明けで仕事がさっぱりはけていないときに、変なツイートをしていたものですが、あんな感じになる未来しか見えない(^^;)


とりあえず、今の私はいまのところ健康なので、健康なうちにおしごと頑張るかなー・・・
緊急事態宣言が解除になったら、すたみな太郎で焼肉食べ放題に行くのを目標に(安っ)

続きを読む

2020/5/7

ついったーに書いたら荒れること・4  日常あるいは平穏な日々

緊急事態宣言は延長されたけど、特定警戒都道府県以外についてはもうちょっと厳しくない取り扱いになったようです。

とはいえ・・・もしも私が関東近辺から外に旅行に行こうものなら、えっと思う人はきっといると思うのです。
東京方面から来た、というだけでたぶん色目、もとい白眼視されてしまうかもという思いはあります。
だから、しばらくは遠くに行かずに、このあたりをうろうろする安上がりな生活がよろしいのでしょうね・・・


私の場合、新潟ナンバーなので、いろいろとごまかすことはできるけど、そこまでしてどこかに行きたいという思いはないので、やめておきます(^^;)


個人的な話・・・大阪のなんとかモデルでは、ナイトクラブとゲームセンターが同レベルになっていました。
感染の可能性というより、クラスターとなった場合の発覚のされにくさという観点であれば、いたしかたなし・・・と、思うだけ。
あとはいろいろと自嘲、もとい自重。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ