2020/5/24

知は力なり、の裏側  日常あるいは平穏な日々

知は力なり、とはフランシス・ベーコン(文系文字パネル)の言葉でした。
アカデミーを遊ぶ人ならよく自覚されると思うのです(^^;)
私が学生のときの、教授の座右の銘の一つがこれだったなぁ・・・


ただし、力というのは力でしかなく、自分にプラスになるかマイナスになるかは自分次第なのですよね。
アカデミーの世界でも、シンプルに答えれば正解だったのに、余計なことを考えたり、別の知識から素直に考えずに回答したら、単独不正解をやらかしたり・・・なんて。



昨日から今日にかけて、てらすはうすのニュースが流れています。
詳細は自重しますが、この事件の当事者達の多くは、知らなくてもいい情報を知ることになり、それで一喜一憂する構図に見えました。
この当事者達が、SNSを使わないか、まさに「ときどき、くるね」でいればよかったと思うばかりです。


情報氾濫に対して遮断することはよくないのです。
ですが、溺れてもいけないのです。
泳げないと思ったら、無理にSNSを開かず、ジョギングでもしましょうか・・・(なんだこれ)





「知は力なり」のウィキペディアを見てみたら「オーウェルの”1984”」にて、作中の政府は「無知は力」をスローガンとしているそうです。
この本は見たことないけど、まさに知らぬが仏、知らざりしは破滅。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ