2020/10/26

漫画を消化できない私  日常あるいは平穏な日々

帰宅途中のまんだらけで、まんがライフが売られていました。
定価は407円だけど200円だったので、普段読まない四コマ漫画でも、という思いでした。
なお、本の中に最初に買った人のレシートが挟まっており、川崎アトレで買われていたようです。(どうでもいい情報)


で、ぱらぱらめくってみる。
最初の数話はフツーに読めたと思うけど、四コマといえどもストーリーがつながっている、いわゆるストーリー四コマなので前後の経緯が理解しにくい。
誰が主人公なのだろう?から始まるのですよね。
途中で内容を理解するのがしんどくなり、中断してしまいました。



しばらくして、再度続きをチャレンジ。
なんとか最後まで読みました。
最後の漫画がまさかの新フリテンくんで、植田まさしの漫画がコボちゃん以外に現役で続いていることを今頃知ったりもしてました。

ストーリーが続かないことが明確であろう、新フリテンくんが一番気楽に読めたのはここだけの話・・・?


普段読まない週刊漫画誌を読む場合、これまでの経緯を知らずに読み始めるので、正直しんどいです。
でも、一通り読み始めると楽しくなるはず。
私自身、ジョジョの第一部〜第二部は全スルーしていて、第三部になってようやく読むようになったものです。


まんがライフ、今なら次を読むのはしんどくない。
って、明日次が発売されるみたい。
激務の中だけど、読んでみようかな?



以下、漫画の感想









・だもんで豊橋が好きって言っとるじゃん!
ご当地振興漫画。市の大きさ二位は浜松、って社会タイピングにあったような。

・動物のおしゃべり
イラストがぱじ風味で懐かしくなりました。

・めんつゆひとり旅
自炊がテーマなのかな?何がコンセプトなのか気になります私。

・チートで転生した猫は嫁の膝で丸くなりたい
転生ものの漫画のようです。ファンタジー漫画って四コマではあまりないかも。

・有閑みわさん
スーパー主婦物語だそうです。周囲に専業主婦の人がいないのでいやんもう。

・広告に竹本泉の「がーでん姉妹」
竹本泉は今もなお現役なのね・・・あおいちゃんパニックを読んだのはもう35年近く前のはず。


・高尾の天狗とミドリの日々
これもご当地漫画かな?
高尾山でビアマウントを行う広告まで入っていて。
リアルタイムに読んでいたら参考になっていたかも。
ドラクエウォークのお土産ポイントでもありますし。

・旅するように暮らしたい
これは住居をテーマにしたお話だよ!(モグタン風に)
知り合いに不動産の勉強をしている人がいるので、こういう漫画を見せたらどう思うのかな。

・ますたーあっぷ!
ゲーム業界をテーマにした漫画のようです。
涼風青葉がでてくるのは、まんがタイムきららキャラットでしたっけ。

・奥様はアイドル
作者がスーパーメイドちるみさんだったことを思い出しました。
あの漫画もどんなエンディングだったのかな。
内容はやはり主婦漫画のようです。
主婦層の購読が多いのかな。

・アスクミ先生に聞いてみた
コンセプトがよくわからない漫画ですが、私にはとてもためになりました。
全ての人たちの共通項を拾おうと思っても無理だよね。
アスクミ:アスク・ミーですって。なるほど・・・

・スパロウズホテル
少女漫画のようでした。
これも、単なる職場恋愛漫画ではないですよね?


・晴れのちシンデレラ
どうやらヒロインが主人公のようですが、今回はヒロインはほとんど出てこなかった・・・

・のみじょし
のみじょしというよりのみファミリーの回でした。
おきらくに飲み会をするのは当面先だ・・・

・恋愛感情のまるでない幼馴染漫画
タイトルがコンセプトという斬新な漫画でした(^^;)
ならば主人公の二人はくっつかないのかな・・・
どうでもいいけどアホガールもタイトルの通りですよね。


・リコーダーとランドセル
アニ文字にこの作品の問題があったはずだけど、回答がわかりません・・・
宮川あつしと宮川あつみの二人が主人公と思われます。
みやがわ、です(エフェクト注意)

・醍鹿館のシェアメイト
オカルト・ファンタジー・漫画、でいいのかな。
内容が少し難しいけど、絵はとてもやわらかいです。

・俺だけは八木沢さくらを好きにならない
典型的なとらドラストーリーになりそう。

・ぼのぼの
タイトルだけはみたことあったけど、こんななんだ・・・
ぼのぼの→でぶぼの(アニ文字)

・若旦那はザンネン
人見知りの若旦那にまつわる漫画のようです。
やっぱり年齢層高めなのかな。


・オルタナティブメランコリー
芸能人の学生が登場する漫画…何かあったような気がします。


・猫俣社長とちまりちゃん
最終回だそうです。動物モデルの職場ラブコメ漫画・・・?
高年齢の独身男性がときめきそう。そうでもないか。


・新フリテンくん
そういえば、コボちゃんには、瞳がかかれていない眼鏡をかけた大人が出てきません。
なんとなく冷たい印象があるからなのかな。




以上。
まんがライフは竹書房。
ポプテピピックはまんがライフwinだそうで…微妙に違うのね。
ビッグコミックとビッグコミックスピリッツ的な?







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ