知ったかぶり陸上ファン 仮住まい

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆーた
>103015さん
コメントありがとうございます。

私は宇賀地選手が平賀選手をきちんと振り切れなかった時点で学生チームの勝ちだろうと思っていたので、実は驚きませんでした。
むしろ日本代表の3区4区に悪い意味で驚かされてしまいました。

女子の大学生の近年のレベルの向上には驚かされます。
そういえば明日5000mに出場する木崎良子選手も大学卒ですし、マラソン代表の2人も大卒ですよね。
投稿者:103015
◎ゆーたさん
広州も女子インド勢の躍進や福島選手の金メダルなどホットな陸上ですが、こちら日本でも23日に千葉で"歴史的快挙"がありました。

学生選抜が柏原選手・吉本選手抜きでこの結果になろうとは全くもって想像していませんでした。
日本代表と学生選抜がほぼ同時に6区に襷が渡ったときは「学生選抜が去年同様吉本選手だったなら」と思ってましたが、どうしてどうして。学生陣(特に女子)の層も知らぬうちに厚くなってきてますね。
ただ上野選手・佐藤選手・小林選手・西原選手あたりは当日は千葉ではなく広州にいておかしくない人たちばかりなんですけどね。

そんななかで日本代表は宇賀地選手の快走が光明でしたね。
これで層の厚いコニカミノルタであってもニューイヤー駅伝の出場枠7人の中に入れるのは確実でしょう。ただもう1人の下重選手は微妙なところでしょうかね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ