知ったかぶり陸上ファン 仮住まい

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆーた
>103015さん
コメントありがとうございます。

そういえば、土佐礼子選手に対してもそういういい方をしていましたね。
あの頃は結構大学時代にマラソンをやる選手が多かったので、土佐選手もそうなんだろうと漠然と思っていました。

陸上競技は他のスポーツと兼ねやすいのでしょうね。
逆にいえば他のスポーツにかなり流出していそうな気がします。
投稿者:103015
◎ゆーたさん
「実質初マラソン」で思い出したのが、2000年名古屋の土佐選手が、そのような言われ方をされていたのではないでしょうか。
かく言う私は、土佐選手が大学時代に1度愛媛マラソンを走っていたのを知らなかったので、そのときは土佐選手が初マラソンだとずっと思いこんでました。
(土佐選手が過去に1度マラソンを走っていたのを知ったのは、それからかなり後のことです)

そういえば野尻選手は中学時代は都道府県対抗女子駅伝の富山代表にもなってましたね。そのころはスキーとの「二足のわらじ」だったと思われます。

男子駅伝でも中学高校区間で何人か他の部からの「借り出し」の選手が都道府県代表になってるので、男子より陸上競技人口が少ないと思われる女子にもこのようなケースはあるかもしれませんね。

別府大分毎日マラソンに出場予定の涌井圭介選手(新潟県出身)も、中学時代はスキーで全国大会にも出場したそうです。
雪国出身者にはそういう選手が他にもいるかもしれませんね。
投稿者:ゆーた
>103015さん
コメントありがとうございます。

ドバイの話はどこまで言うべきかというのはちょっと難しいかもしれませんね。別に日本のトップ選手が出ている大会ではないですし。
スタジオの空気が「Dubaiなんかどうでもいいんだよ!」というノリだったのかもしれません。

「初マラソン」の厳密な定義というのは意外と難しいですね。
ペースメイカーとしての参加は別にマラソンを走りきるつもりがないから、初マラソンとは数えないほうが正しいと考える人もいるでしょうし。
あるいは、2003年の大阪国際で山中美和子選手について「実質初マラソン」という表現をしていましたが、その「実質初マラソン」というのが「初マラソン」と区別していない可能性もありますね。

野尻選手については「陸上歴がない」というキャラにしたいという思惑があるのかもしれませんね。
中学時代の記録に全く触れていなかったので。
投稿者:103015
◎ゆーたさん
そういえば大阪国際女子マラソンの放送中にも増田明美さんがドバイマラソンについて触れていましたが、そこでワゴイ選手の名前は出ずに「ケニアの選手が…」というふうに言っていたのが腑に落ちませんした。福士選手とも関係が深い選手だけに、ここでワゴイ選手の名前を出して関連話を引き出してほしかったのですが。
ドバイではLucy Wangui Kabuuという表記だったので、あのワゴイ選手だとは気付かなかった可能性もあるかもしれませんが、情報通の増田さんだったらそこのところは知っているはずだと思うのですが…

またワゴイ(カブー)選手については「初マラソンで好記録」という記事もあったのですが、彼女は2007年の大阪で途中棄権しています。ただ今回の大阪の小倉選手に似た感じで25kmまでは先頭集団にいたのですが、そこで突然消えてしまった感じでした。このときの大阪はまだ公認ペースメイカーというのは存在しておらず、ワゴイ選手が実はペースメイカー役だったという可能性もあるかもしれませんが…
Lucy WanguiとLucy Wangui Kabuuは別人だと思っている人もいるのかも。

あと野尻あずさ選手についても「初マラソンは2年前の大阪」という実況が度々ありましたが、実は野尻選手は大学時代に1度ポートランドマラソンを走っているのです。なので「初マラソンの大阪で…」と聞くたびに少し違和感を感じてしまいました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ