知ったかぶり陸上ファン 仮住まい

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆーた
>103015さん
コメントありがとうございます。
さっそく訂正しておきました。

竹内選手はなんとなくもっと年上のイメージがあったんですが、同い年だったんですね。
思い込みとは恐ろしいものです(というか最近こればかりですね)。

東京マラソンは女子のほうでは選考レースではないという状況ではこういうこともありうるということでしょうか。
しかし、だったら名古屋とか大阪の海外招待選手ももっと豪華にしてほしいところですが。

今回は公式サイトで順位が出ていなかったので(タイムも速報値でしたし)、なかなかチェックがし切れなかったのですが、きちんと走っていたのですね。
まあ東京はある程度タイム別にスタート位置が決まっているので、いくらかましだったかもしれません。
もしかしたら駅伝では好成績でも東京マラソンの資格としては使えるタイムがなかったのかもしれませんね。
投稿者:103015
◎ゆーたさん
女子は赤羽選手と永尾選手が名古屋にスライドとなったため、日本人招待選手は大久保選手と原選手の2人だけになってしまいましたね。
結果を見て目にとまったのは、テレビでは全く映らなかった鈴木澄子選手がサブ30をマークしたことです。

男子は田村優典選手(城西大)と山本憲二選手(東洋大)も一般の部(ナンバー5桁)でエントリーしていて2人とも完走していましたね。
でも、この2人は卒業後も実業団で競技を続ける予定で、なぜエリートの部で登録できなかったのかが疑問ですね。

それから1981年度ランキングには
2:12:44 竹内健二(トヨタ自動車九州 1981.9.21)  2011.2.13
が入ります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ