知ったかぶり陸上ファン 仮住まい

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ゆーた
>ひろさん
コメントありがとうございます。

そういえば福士選手は10km以上の区間でしか区間賞をとっていませんね。
最初の年以外はすべて10km以上の区間での起用だったせいもあるのでしょう。
そんな中で8回も区間賞というのは確かに驚異的です。

>陸上好きさん
コメントありがとうございます。

異なるチームでの優勝は坂下奈穂美選手が1995年のワコール、2000年の三井海上で達成しています。
三井海上と三井住友海上を分けるのでもない限りはそんなところでしょうか。

>103015さん
コメントありがとうございます。

渋井選手は3区が定位置なので、必然的にとりにくいというのはあるでしょうね。
外国人選手が区間賞だったことも多かったですし。


エースが区間賞をとりにくいというのはまあ男女通じて言えることですね、
どうしても各チームのエース級とぶつかりますからね。
千葉真子選手に関しては旭化成が駅伝に出なくなった時期があったのも原因かもしれませんね。
投稿者:103015
◎ゆーたさん
渋井陽子選手が「区間賞ランキング」に名前がないのが意外な選手に思いました。
やはり福士選手と同じ区間を走るケースが多いからなのでしょうかね。

あとは松野明美さんとともに「花の68年組」と呼ばれた鈴木博美さん・真木和さん・弘山晴美さんの3人も3回以上は獲得していないのですね。

あとランク外なのが意外な選手としては、リクルートが強かった頃のエース格だった五十嵐美紀さんと志水見千子さん、それから川上優子さんあたりでしょうか。解説をつとめた千葉真子さんもですね。
これもエース区間に彼女たちが集結してしまうから…ということなのでしょうかね。
投稿者:陸上好き
青山選手と新谷選手はトヨタ自動織機でも優勝経験がありますが、それ以前にも「2チーム以上で優勝」を経験した選手はいるのかというのを教えてください。
投稿者:ひろ
福士選手の区間賞8回というのは当然すごいのですが、全てエース区間というところがもっと驚異に感じますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ