「空のっぽと雲ひげ」は、フィンランドの作家トペリウスが書いた童話のタイトル。深い森の中で、古老のモミの木たちから不思議な力を授かった兄妹のお話です。凍てつく冬の最中も、彼らにだけはいつもあたたかな日の光が降りそそぐ・・・。その情景に、私は子供の頃からずっと憧れていました。ちなみに、「空のっぽと雲ひげ」は、二本のモミの木の名前です。 このブログでは、自分の活動のお知らせや、日常生活の中でふと心に留めておきたいと思ったことを、ぼちぼちと書いています。 ★関連ライブ情報 →のどうたの会

2018/11/1

あいの里東小学校でのソロライブ  pontana出演情報

10/30(火)、あいの里東小学校で、PTA と家庭教育学級の合同企画「本の世界を朗読と音楽で楽しむ」の講師としてライブをしてきました〜。

あいの里東小学校では、明るくてモダンな造りの学校の雰囲気そのまま、お声をかけてくださった都野さんや校長先生をはじめとする学校関係者の皆さま、子供たち(普段から読み聞かせをよくされていることがわかります。すごい集中力でした^^)の素敵な笑顔に囲まれ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。どうもありがとうございました!

ライブの様子を学校のHPに載せていただいていたので、転載させていただきます♪

2018/10/30
【語りと音楽】札幌を拠点に活動されている嵯峨孝子さんによる読み聞かせが行われました。PTAと家庭教育学級主催の催しでしたが、休み時間には子どもたちに「スフの白い馬」を馬頭琴の演奏に合わせてお話ししてくださいました。子どもたちは見慣れない楽器の素敵な音色とお話を楽しんでいました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
4

2018/10/26

野花南ライブ@俊カフェVol2  pontana出演情報

2回目の野花南ライブ@俊カフェ、終了しました♪
定期ライブを・・・と思っていたのですが、
ちゅんちゅんの件でちゅんちゅんと二人、一年ほど東京に滞在する
ことになり・・・次回は来年の3月頃になりそうです・・・^^;

嵯峨くんがFBにライブレポートをアップしてくれたので、転載♪

*******************************

俊カフェ野花南ライブ第2弾、おかげさまで無事に終了しました。

 「俊カフェ」さんは、谷川俊太郎さんの詩はもちろん、朗読、音楽ほか様々なアートが身近に感じられる素晴らしいカフェです。
 つい先日の「俊読オープンマイク」の余熱さえ感じられるこの空間で、昼下がりのひととき民話や伝統曲を(そしてなぜか嬉し恥ずかしコンチネンタルタンゴまで)アートの大好きなお客さんたちと一緒にじっくりと味わう、、、そんな楽しいライブとなりました。

本日のお品書きは、、、

・四季  (南モンゴル伝統曲)
・朗読+音楽「花さき山」
・古いワルツ〜鳥の歌 (フィンランド伝統曲)
・白鳥  (南モンゴル伝統曲)
・小さな喫茶店
・俊読コーナー かっぱ〜歩くうた〜さようなら
・朗読+音楽「鬼の髪」
・天の風  (南モンゴル伝統曲)

俊読コーナーでは、先日の俊読オープンマイクにエントリーさせていただいた野花南の演目をさっそく再演。また、来年5月に札幌で開催される俊読の本公演について、店主の古川さんからご説明がありました。

ライブ最後の「天の風」は、楽しく、そしてライブっぽく(^^)締めくくることができて嬉しかったです。

ご来場の皆さん、スタッフの堀美穂さん、店主の古川奈央さん、ありがとうございました!

●10/25(木) ことばのはらっぱおうまにのって
      〜 野花南 ライブ in 俊カフェ vol.2
出演:野花南
    嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ、ギター ] 、
    嵯峨治彦 [ 馬頭琴、ドシプルール、喉歌 ]

(写真は古川奈央さんの投稿から)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/10/1

タルバガン20周年  pontana出演情報

タルバガンの二人が20周年を迎えました。ここ10年くらいは、お互いにソロや他のユニットでの活動が多く、なかなか一緒にやる機会がありませんでしたが、メンツが揃えば揃ったで、会わないでいる時間の長さがまるで嘘のよう。お客様大満足の素晴らしいステージになりました。
今回主催と出演を兼ねたブックスボックスの田原さん(タルバガンのプロデューサー)も、大活躍でした^^。

以下、嵯峨くんFBより引用(撮影は大坪俊裕さん)
************************

タルバガン20周年記念ライブ、無事終了いたしました。(9/29)

 会場は響きの美しいレッドベリースタジオ。お馴染みの曲、新アレンジ曲、そしてプロデューサー田原さんを交えての裏話トークに嬉し恥ずかし秘蔵ビデオ上映と、盛りだくさんのライブとなりました。

 ステージの背景には、絵師・杉吉貢さんのご厚意で「野遠見」のジャケット原画を飾らせて頂きました。

 客席には、お馴染みの方々、タルバガン初めての方々、懐かしい方々。。。タルバガンは幸せ者であります。交流会も格別に楽しいひとときでした。

 ご来場の皆さん、スタッフの皆さん、レッドベリースタジオの飯塚さん、墨絵の杉吉貢さん、ストリーミング配信の池田さん、撮影の大坪さん、これまで支えていただいた皆さん、そして、相棒・等々力さん、ブックスボックス田原さん、ありがとうございました!

 タルバガン20周年記念ライブは続きます。お会いできるのを楽しみにしており馬す! SHUDE!!

●10/16(火) タルバガン結成20周年記念ライブ in 大阪
 開場19:00 開演19:30
 CHOVE CHUVA  (大阪市西区 京町堀 1丁目13-2)
 料金:予約 2800円   当日 3300円
 予約:→ ショヴィ・シュヴァ予約ページ
    http://www.chovechuva.com/contact/

●12/22(土) タルバガン結成20周年記念ライブ in 東京
 開場19:00 開演19:30(予定)
 北とぴあスカイホール(東京都北区王子1丁目11−1)
 主催:ねこの手、のどうたの会

クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/9/27

叶える翼  つれづれ日記

ADOの「叶える翼キャンペーン」を当てた分で、先日東京に行き、新宿こども囲碁教室に参加して来ました。

「囲碁好きの小5の息子が、東京で行われるこども囲碁合宿に参加したがっているのでお願いしたい」というような趣旨の応募でしたが・・・。

当選の連絡が来てから実際にこの件で上京するまでに、状況が2転3転。来週から、うちの小5は日本棋院の院生として東京に通うことになりました。

この機会に乗じて、嵯峨くんの活動も関東圏に広げていく予定です。どうぞよろしくお願いします♪

クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/9/22

岩本珈琲ソロライブ  pontana出演情報

先日、かなり久しぶりにソロライブをさせていただきました。

ちょっと緊張しましたが、今回はわりと普通にお喋りしながら進めていこうと思っていたので、それは達成できたかな。美味しい珈琲とマスターのキャラクターが魅力的な岩本珈琲さん、年内まだまだイベントが目白押しです!

マスターがライブをレポートしてくださっていたので、掲載します♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2018.9.21(金)

昨日『朗読と音楽のブランコ』嵯峨孝子ソロライブへお越しの皆様 ありがとうございました
岩本珈琲初 嵯峨孝子さんによるライブ なんかほんわかとあったかい感じで とても良かったです
馬頭琴でのジョノンハル いつも聞いてる感じとは
ガラリと変わった出だし 孝子さんらしさが出てたと思います 朗読は孝子さんの十八番 流石でしたね
情景が浮かび 引き込まれました
また喉を開いた状態での3音違いのホーミー聴き比べも👍👍👍
とても綺麗な音色が聴けました
昔のエピソードも含めたトークも皆さんからの笑いが出てて これまた違った一面の孝子さんが見れて楽しかったです
また是非お越し下さい お待ちしております

尚 本日より嵯峨孝子さんのCDを 岩本珈琲にて
取り扱わせて頂く事になりました
ご希望の方は岩本まで

Sora no Shiori 〜Saga Pontele Takako
\2000(税込)
クリックすると元のサイズで表示します
2



AutoPage最新お知らせ