「空のっぽと雲ひげ」は、フィンランドの作家トペリウスが書いた童話のタイトル。深い森の中で、古老のモミの木たちから不思議な力を授かった兄妹のお話です。凍てつく冬の最中も、彼らにだけはいつもあたたかな日の光が降りそそぐ・・・。その情景に、私は子供の頃からずっと憧れていました。ちなみに、「空のっぽと雲ひげ」は、二本のモミの木の名前です。 このブログでは、自分の活動のお知らせや、日常生活の中でふと心に留めておきたいと思ったことを、ぼちぼちと書いています。 ★関連ライブ情報 →のどうたの会

2020/11/26

ライブ情報  pontana出演情報

新型コロナ、札幌でも感染拡大中〜。10月〜12月のライブ情報。忘備録として。


●10/31(土) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.6-2

14:00開演
俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 
出演:野花南
      嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,000円(1ドリンク付き)
予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪秋の午後をほっこり楽しむ音楽会。馬頭琴と朗読の重なりを、俊カフェでお楽しみください。
朗読は、古き良きアメリカで起きた、小さな少年と電話の"中の人"の心あたたまる交流のお話「インフォーメーション・プリーズ」。ご好評に着き再演いたします。


●11/7(土) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.7
「うまのるカフェ」 〜 馬頭琴を弾いてみよう! 〜

 14:00〜14:30 野花南ミニライブ (馬頭琴伝説の朗読、馬頭琴演奏)
 14:30〜16:00 馬頭琴体験ワークショップ

俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 
出演:野花南
      嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

ワークショップ講師:嵯峨治彦

料金:3,000円(1ドリンク付き) ※楽器の用意があるので、ご予約お願いします。

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪ お待たせしました、「うまのるカフェ」 いよいよ始まります!

お気に入りのカフェで楽しむ馬頭琴体験ワークショップ。 ミニ・ライブつき。ふるってご参加下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

(イラスト by pontana  ロゴデザイン by Haruhiko Saga)


●12/13(日) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.8
クリス馬ス・スペシャル

14:00開演
俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 

出演:野花南
      嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,500円(1ドリンク付き)
予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp
facebok event page: https://www.facebook.com/events/711165586192931/

♪♪クリスマスをテーマにした曲や、クリスマスの定番曲のひとつ「赤鼻のトナカイ」にまつわるハートウォーミングなエピソードをご紹介します。寒さが増していく季節、居心地満点の俊カフェで、ほっこり楽しいひと時をご一緒しませんか♪


●12/14(月)
さっぽろアートライブ〜第13回さっぽろ馬頭琴ナーダム!
「世界を旅するコンサート」収録配信開始日
0

2020/9/5

9月のライブ  pontana出演情報

●9/10(木) クレセント ライブ生配信

20:00〜  エゾン ネットライブ

出演:クレセント
      なかのうづめ [歌・キーボード]
      嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌]

プログラム:「三日月の蒼き十五夜」 (アメリカのスタンダードナンバーとモンゴル民謡のクレセント的出会い)、「焼き魚とカレーライス」、「夢さえあれば」 ほか (なかのうづめオリジナル作品)
朗読×音楽 「ラクダの涙」 (モンゴル・ゴビ砂漠で繰り広げられる、ラクダと音楽の不思議な物語)、「天の風」(南モンゴル民謡) ほか

料金: 1,000円 (チケット購入で、配信から一週間ごらんいただけます)

問合: Ezo'n music (電話・FAX 011-788-7200 / e-mail ticket@ezon-music.com )

詳細: https://ezon-music.com/ticket.php?id=42

♪♪ クレセントは音楽と物語を心の奥にお届けする3人組。
    歌・生演奏・朗読を緻密に織り込む独自のアプローチで、童話や民話の世界を鮮やかに描き上げます。
    伝統音楽からまさかのポップスまでライブで演奏される振れ幅の大きな選曲も相まって、リピーターをじわじわ増やしています。


 
●9/12(土) TOBIU芸術祭 「白老夜話 The Shiraoian Nights」

19:00〜21:00 オンライン生配信(Youtube Live)

料金:無料

作・取材:渡辺たけし

出演:小林なるみ、、田村尚華、キャメルNo.1のママとマスター and more
演奏:嵯峨治彦、嵯峨孝子
ダンス:昭和レディ

詳細: https://tobiu.com/shiraoi-town/216/

♪♪白老の町について取材を重ね、朗読音楽劇として作品化。昨年は「雁月泡雪」という駅前で販売されていた幻の銘菓を題材に作品。今年は、白老の「夜の街」を題材に。小さな町に大きな企業がやってきたことから町の様子は一変し、スナックやお寿司屋さんが大繁盛した昭和のひととき。そんな時代のお話をときに挟みながら、一夜限りのオンラインスナックとして開店いたします。朗読あり、音楽あり、ダンスや占いありの少し不思議なスナックです。皆様のご来店、お待ちしております。


●9/21(月) 俊カフェ 野花南ライブシリーズ2020 vol.6

18:00開演

俊カフェ (札幌市中央区南3条西7丁目4 Kaku imagination 2F) 

出演:野花南
      嵯峨孝子 [ 朗読、5弦カンテレ、ギター ]
      嵯峨治彦 [馬頭琴、喉歌、ドシプルール]

料金:2,000円(1ドリンク付き)

予約・問合: のどうたの会 thro@sings.jp

♪♪秋の夜をほっこり楽しむ音楽会。馬頭琴と朗読の重なりを、俊カフェでお楽しみください。

朗読は、「インフォメーション プリーズ」という作品です。
これは、「語りと朗読のセミナー 〜声と言葉の力(2009年 のどうたの会主催)」にご出演いただいた末吉正子さんが、素晴らしい語りで披露してくださったストーリーで、末吉さんがご友人のケイト・マクレランドさんから教えていただいたものだそうです。
テキストは、英語の原文を末吉さんからいただき、私なりに訳して、朗読と音楽用の作品にしました。
久々に読んでみると、当時の印象そのままの素敵なお話です。
図書には収録されていない作品なので、ぜひライブでお聞きいただければと思います♪ 嵯峨孝子
0

2020/8/11

クレセントライブ@岩本珈琲  pontana出演情報

昨夜、クレセントライブ@岩本珈琲が無事終了しました。
うづめさんが一緒だと(?)、ハプニングや笑い満載で、やり終え感もひとしおです^^。

岩本珈琲のマスターがフェイスブックに嬉しいコメントと写真をアップしてくださったので、忘備録として転載させていただきます。
ご来場いただいた皆様、スタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました!

「昨日は『三日月音楽会 下弦の月』にお越しの皆様 ありがとうございました
いや〜実にあったかいライブのクレセントチーム👍😄
楽しさ、感動、実力、三拍子揃い踏みですね 三位一体のライブです 嵯峨さんの世界と、孝子さんの世界、うづめさんの世界が織りなす調和は素晴らしいです こんなに演者さんとお客さんが一緒になって楽しむライブもそうそう無いと思います
終わった後のほんわか感、参加した感、満足感は三日月音楽会が1番ですね あっという間の2時間でした
ありがとうございました またお会いしましょう👍😄🙇🏻」


クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/8/2

クレセント@俊カフェ ライブ終了♪  pontana出演情報

7/24(金)に開催した俊カフェでのクレセントライブ、無事終了しました♪

今回の朗読作品は、安房直子さんの「べにばらホテルのお客」を原作として、クレセント用に私がアレンジしたものです。
クレセントは野花南+ シンガーソングライターのなかのうづめさんによるユニットですが、野花南の時と違うのは、物語を彩る音楽をうづめさんが完全オリジナルで作曲してくださっている点です。
毎回うづめさんの素晴らしい感性に驚かされ、朗読する私もモチベーションがあがります。そして、作品の形を整えていくために意見を出してくれる嵯峨くんの鋭さ、時々どきっとさせられます(まあ、これは野花南の時でもそうですが)。

うづめさんが「ぽんちゃんと一緒にやりたい」と言ってくださった時、このユニットで私が何をできるだろう?と正直ちょっと不安でしたが、音楽の方では歌の伴奏やコーラスをさせてもらったりなど新しい挑戦もいっぱい。何よりうづめさんがとっても面白いキャラクターなので、リハも本番も楽しい〜!

というわけで、今回も自信をもってお届けしました。
(私の読みはまだまだ修行が必要なので、次回のライブまでに少しでも精進します!)

ライブに来てくださった、カラーハルモニアの三木沙織さんがフェイスブックに嬉しいコメントを出してくださったので、忘備録も兼ねて転載させていただきます。

このような時期にも関わらず集まっていただいた皆様、どうもありがとうございます!
そして、店主のなおちゃん、感謝感謝です!
また、原作アレンジの許可をくださった安房直子さんの息子さんに、心よりお礼申し上げます!

(写真は三木さんが撮影してくださったもの)
******************
「昨日、俊カフェさんで開催された
クレセントの三日月音楽会は
ほんとうに素晴らしかった。

メインの演目、安房直子さんの
「べにばらホテルのお客」の朗読は
今回がはじめてのお披露目だそう。

孝子さんの朗読。
うづめさんと嵯峨さんの奏でる音。

それぞれが溶け合うように調和して
私はお話の舞台となる森の世界に
一瞬で引き込まれてしまった。

お話の登場人物たちは
孝子さんの朗読によって
リアルに動きだし
命が吹き込まれていくようだった。

うづめさんの奏でる
不思議な音のリズムは
お話の世界をさらに活き活きと
鮮やかな色彩で彩っていった。

嵯峨さんの馬頭琴の音色は
場面の背景に流れる感情のゆらぎを
奥深く感じさせてくれた。

音楽会が終わってから
もうまる一日が経つというのに
私の一部は
まだお話の世界を漂っているよう。

原作を読んで
もっともっとこのお話の世界に
どっぷり浸かってみよう
と思っている。

ほんとうに素晴らしかった。

アンコールの
お花見メレンゲもサイコーでした👍

クレセントの三日月音楽会。
最終回は
8/10、岩本珈琲さんにて。」

クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/7/21

パーソナルカラー診断初体験  つれづれ日記

昨日、カラーハルモニアの三木沙織さんに嵯峨家まで出張していただき、なかのうづめさんと、「パーソナルカラーお試し診断」を受講しました。

「似合う色」を知るためには、まず「自分の色」を知ること。なるほど〜。
私は自分でずーっと<イエローベースの秋>だと思っていたのに、診断結果はなんと<ブルーベースの夏>。
新鮮な驚きとともに、わくわくしながら興味深くアドバイスをお聞きしました!

他にもいろいろ、身につける色味について意外なことや勉強になることを教えていただき、世間話などもしながら、暑い夏の日中を有意義に楽しく過ごしました♪

ほぼ毎日、なんやかやと雑事に追われあっという間にお昼を過ぎてしまうので、たまにこんな日があるのはとっても嬉しい^^。

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ