クラリネット珍品図鑑

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

写真AC

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のトラックバック

 

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ひかる
貴重なコメントありがとうございました!
石森楽器に問い合わせてみす!
わざわざご丁寧にありがとうございました!
投稿者:suikyou
初めまして。コメントありがとうございます。
私もヌデラという作曲家は初めて聞きましたので詳細はわかりません。
以下、CDの解説文の抜粋(要約)です。
----------------------------------------
○ゲルバーの音楽事典(ライプツィヒ1813年)
ヴィシュラフト聖堂オーケストラのヴァイオリン奏者、作曲家として名声を得ていた。(1796年頃)
評価の高い作品:クラリネットとファゴット、2本のヴァイオリン、2本のホルン、バスのための≪アンダンティーノと8つの変奏曲≫

○G.J.ドゥラブラチュ、ボヘミア芸術家事典(プラハ1815年)
上記と同じ編成と題名の作品がプラハ、カルヴィッシュ書店より1797年に販売、
メヌエット、ドイツ舞曲、小ソナタ、トリオなどを作曲したとの記述がある。

このCDでは「プラハ国立博物館の収蔵品ディヴェルティメント1〜5番」が演奏されているようです。
モーツァルト、シュタッドラー、ドゥルシェツキーらのトリオのように、その場その場で組み合わせて演奏する
スタイルの曲集ではなく、5つのまとまった作品として作曲家自身はとらえていたようです。
----------------------------------------
もしかしたら、東京、石森管楽器さんにCDの在庫があるかも知れませんので問い合わせてみてはいかがでしょうか。
1枚2500円でした。
投稿者:ひかる
初めてまして!

私は今現役の音大生のクラリネット吹きなのですがAdalbert Nuderaのディベルティメントについて詳しく知りたいのですが教えて頂けないでしょうか?
コメントお待ちしてます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ