2008/8/13

祝島・神舞(かんまい)へ行こう!  

オリンピックが開催される年は、祝島で神舞が行われる年です。
というわけで、4年に1度開催される神事、神舞が今年も始まります。

晴天の日はよく見える九州・国東半島の伊美から神様を迎える神迎え神事に始まり、3日続けて行われる神楽、神送り神事まで、通して5日間のお祭りです。

2008年は8月16日から20日にかけて行われます。
会期中は、民宿の確保が困難な人のため、小学校のグラウンド(雨に備えて体育館)が用意されています。

みなさんも是非行ってみませんか?

長島の自然を守る会も、16日に出店します。

<神舞とは?> 

「伝承によると今から千百十余年の昔、仁和二年八月、豊後伊美郷の人々が山城国石清水八幡宮より分霊を奉持して海路下向中、嵐に会い祝島三浦湾に漂着した。当時この地には三軒の民家があったが、生まれる子供は体が弱く生活は苦しかったが、彼らは一行を心からもてなした。その時に教わった荒神を祭り、農耕(麦作)を始めたことにより、以後島民の生活は大きく向上。それからそのお礼にと、島民は毎年八月に伊美別宮社に「種戻し」に欠かさず参拝をした。そして4年毎に伊美別宮社から二十余名の神職、里楽師を迎え、本島を斎場として神恩感謝の合同祭事を行うようになった。これが神舞神事の起源である。」
以上祝島ホームページより http://www.iwaishima.jp/
神舞ホームページ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ