2009/4/24

アースデイ東京2009出展報告  行事報告

4月18日(土)と19日(日)の二日間、東京代々木公園で開催されたアースデイ東京に、長島の自然を守る会として出展しました。

一昨年アースデイに出展したときと比べさらに人出が多いなという感想を持ちましたが、19日においでくださった「グループ輪」のOさんは、1990年から2000年までのアースデイ前史とも言える時代に参加されていたそうで、その変わりようにびっくりしていらっしゃいました。

ちなみに、ことしのアースデイの入場者は14万人、参加グループは383だったそうです。

そんなアースデイ東京の様子を時系列で報告します。

4月17日(金)
会場準備のため2時ごろ代々木公園に到着。
去年荷物を全部宅配便で送ったところ、到着が遅れて4時過ぎまで手持ちぶさただったため、今年は写真の半分を自分で持っていく。

テントにテグスと飾り付け専用のワイヤーを吊していると、Kさんと、小平のSさんが相次いで到着。Sさんは去年の秋、小平市で長島の写真展を開催してくれた人でとても多忙な人。この日も別の用事が予想以上に忙しかったので遅くなって……と言いながら駆けつけてくださった。ありがたいことだ。

とりあえず今日は写真20枚だけ取り付けてあとは明日のことにする。ちょうど取り付けが終わるころに雨がぽつぽつと落ちてくる。テントの隙間から雨が降り込むといけないので、端の方にある写真には念のためにビニール袋をかけておく。
          
帰りに3人で表参道の喫茶店に入ってカフェラッテを頼むと、表面にすてきなハートと木の模様が。
          クリックすると元のサイズで表示します

4月18日(土)
心配した雨は大して降らず、今日はよい天気。7時半ブースに到着。
テントの外側に田ノ浦の写真と、「いのちの海を埋め立てないで! 山口県上関町長島」の横断幕、長島フィールドガイド裏表を貼り付ける。

クリックすると元のサイズで表示します田ノ浦の写真は環境ジャーナリストの林将之さんが提供してくださったもの。それをA4サイズの大きさ9枚に分けて印刷した。
この写真を見てもらいながら、「ここが埋め立てられようとしているんです」と説明すると、一様に、「え〜っ、どうして?こんなきれいな所を?」と絶句される。お隣は白保のブース。


11時過ぎ、ジャズピアニストの河野康弘さんhttp://www.ne.jp/asahi/wahaha/wahaha/
が大きな荷物を持ってパートナーの真美さんと来てくださる。
河野さんは、今年の1月、眠っているピアノを祝島に寄贈してピアノコンサートを開催、みんなに喜ばれた。
http://blogs.yahoo.co.jp/farm_ujimoto/folder/289902.html?m=lc&p=2 (1月22日)

大きな荷物は、今日と明日のパフォーマンスに使うギターと、クリックすると元のサイズで表示します
カンパしてくださった方へのお礼としてご自身が作曲・演奏された「組曲四万十川」のテープを入れた箱だった。それに、カンパ箱。
このカンパ箱は祝島の元漁師さんが作ったピアノ型の箱。鍵盤の黒い部分には、祝島の練塀(ねりへー)をイメージして石をはめ込んだ、大層手の込んだ作りのものである。

今日ブースを手伝ってくださるのは、5月14日から17日まで国立市のじゃらんじゃらん小舎で長島の自然写真展を開催するNさんと、以前広島でもご一緒だったというSさん・Mさんの仲良し二人組の皆さん。

最初は遠慮してブース内で歌っていた河野さんだったが、外でやった方がよさそうだと、テント入口でギター片手に歌いながら呼び込みをやってくださる。
おかげでたくさんの方がブースを訪れてくださった。

4月19日(日)
昨日に引き続き河野さんご夫妻と、午前中Nさん、午後はTさんが手伝ってくださる。

クリックすると元のサイズで表示します午後には「グループ輪」のKさん、Oさんも駆けつけて呼び込みをしてくださったり、説明をしてくださったり。さらに、カンパとして自然のハーブで作ったサシェを提供してくださる。


  クリックすると元のサイズで表示します

長島の自然を守る会の隣ははっぴーあいらんど祝島ブース。大漁旗と網で飾り付けたブースに、祝島のきれいな写真が飾られ、かわいい小物や祝島の乾物の販売で賑わっていた。


道を挟んだ画面左隣、1つ置いたブースが「あしたの森」「ミツバチの羽音と地球の回転」ブースで、そこの一画では、祝島のびわで染めた靴下なども販売されていた。祝島や上関のことがまだほとんど知られていなかった一昨年のアースデイから考えると感慨深いものがある。

クリックすると元のサイズで表示しますブース前では、今日も河野さんがポニョの歌を歌いながら、呼びかけてくださったおかげで若い人がたくさん入ってきてくれる。

15時半からは、アウトドアビレッジのステージで、鎌仲監督の「ぶんぶん通信bP」の上映とトークとがあり、それに先だって長島のブースにもご挨拶にお見えくださったが、あいにく場所が離れていたためお話を伺うことはできず残念なことであった。

こうして、2009年のアースデイが終了した。

ご協力くださった皆さん、そして長島の自然を守る会のブースを訪れてくださった皆さん、どうもありがとうございました。


3



2009/4/27  6:24

投稿者:harunourara

牛田さま

ありがとうございます。
上関原発問題は、首都圏でも最近はいろいろ大きなイベントで取り上げていただいています。
これから「ぶんぶん通信bP」の上映もあちこちで行われるようになると、さらに盛り上がっていくことでしょう。


2009/4/26  22:30

投稿者:牛田 (大阪市)

アースデイ東京は盛り上がったんですね。  すごーーい。
やりましたね。
首都圏方面でも、上関原発問題が、心ある人たちの間に伝わりつつあるのだろうか。
六ヶ所再処理工場の問題が、いろんな人々の間で広がりを見せているように。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ