2009/7/28

「上関原発を考えるつどい」と上関ツアー@広島原水禁大会  行事案内(他団体主催)

原水禁大会の広島大会の中で、長島の自然を守る会の高島さんが話される枠があります。
この日の分科会の表を、自分のブログに載せました→http://d.hatena.ne.jp/aresan/20090728/1248742182
原水禁大会全体の公式サイトは→http://www.antiatom.org/WC/index.html

8月5日(水)14:00〜16:30
「上関原発を考えるつどい―現地報告と交流」(表の11番です)
講師:高島美登里(長島の自然を守る会)
場所:ホテルチューリッヒ東方2001 3F アイネクライネ 60人
内容:「中国電力による上関原発建設計画は、地元祝島島民の力強い反対で20年以上に渡って建設を阻止し続けています。また原発予定地“長島”は「究極の楽園」とも言われるほど、希少生物の宝庫です。上関原発反対運動と自然環境についての現状報告を聞き、討論・交流します。」

また、同日、「上関原発現地交流ツアー(原水禁山口主催)」も開催されます。(表の15番です)
8月5日(水)7:45〜18:30
事前申し込み必要、有料7,000円
内容:反対運動をねばり強く続ける現地の方々との交流と予定地の見学をします。※事前申込制 (弁当・お茶付) JR広島駅新幹線口前7:15集合
1



2010/11/6  13:46

投稿者:スナメリ

失礼します。

山口県の祝島小学校は、山口県内で最も南に位置する小学校です。校舎は島の高台にあり、窓から四季折々の瀬戸内の様子を見ることができます。全校児童は5年生1名と3年生1名、1年生1名の計3名です。

村は過疎化が進みます。上関原発建設に反対するのであれば、全財産持って子供を連れて祝島に移住してあげると祝島の人は喜びます。
地域は限界集落でありそうでもしないとやっていけません。中途半端な支援より子供を連れたお金持ちの移住が何よりの支えとなります。

ただし、電気はありますが、就職口はありません。少子高齢化が進んでいるので子供と良く話し合ってから移住してあげてくださいね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ