2009/12/21

ぶんぶん通信bQ上映と野間先生のお話会@東京  行事案内(他団体主催)

東京文京区で、ぶんぶん通信bQの上映と野間先生の講演と、併せて2006年に長島の自然を守る会が製作した「長島の原風景」の上映も行います。
年末のお忙しいときではありますが、ご都合をつけてぜひお越し下さい。

  ************************

      いのち、つないで
    生物多様性のホットスポット
  瀬戸内海の海と島に生きる生物(いのち)を応援しよう!

 ☆日程:12月27日(日)14時〜(開場13時半)
 ☆会場:文京区勤労福祉会館・区民会議室
  (文京区本駒込4-35-15 駒込駅(東口)下車 徒歩9分/
  田端駅(北口)下車 徒歩10分)
 ☆参加費:1200円 (1部、2部通し)
 第1部:「ぶんぶん通信」鑑賞のみの場合は400円
 第2部:お話からの参加は800円(お茶・お菓子付き)


瀬戸内の海と島には、きわめて稀な生態系が残されています。
たとえば、絶滅危惧種のカンムリウミスズメやハヤブサなどの鳥、小さなクジラのスナメリ、島の岩壁に根付いているヒノキ科のビャクシン、希少な貝類などの海生生物が多く息づき、豊かな生物相に支えられ、沿岸漁業が綿々と営まれてきました。

今、山口県の南西部に位置する上関の海(長島・田ノ浦海域)周辺の里山を削り、豊かな生態系の海が埋め立てられようとしています。


地球上の生きものは、お互いに絶妙なバランスの中で支えあいながら生きています。
すべてのいのちがつながっていて、そこにわたしたちもいます。
2010年は‘生物多様性’について考える年。
多様な生物たちの営みと人々の暮らしを、生き生きと捉えたドキュメンタリー映像を見たり、お話を聞いたり、お茶を飲みながら語りあって、美しい瀬戸内の海と島に私たちの想いを届けましょう。

ぜひ、お誘いあわせの上、お気軽にお越しください♪

 開場 13:30
 ●第1部 14:00〜
 映画上映:ぶんぶん通信No. 2
 (鎌仲ひとみ作品・2009年・63分)
 「ぶんぶん通信」は、鎌仲ひとみ監督の新作ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」(仮題)
の制作途中を報告するビデオレター。原子力発電所建設のために埋め立ての危機にさらされる
生物多様性のホットスポット・田ノ浦の自然に焦点をあてた映像です。

 ●第2部 15:30〜
 お話の前に、長島の豊かな自然を映し出したDVD「瀬戸内の原風景 長島」
を上映します。(「長島の自然を守る会」製作)

 お話:野間直彦さん
(滋賀県立大学環境学部環境生態学科・日本生態学会・上関要望書アフターケア委員)

【プロフィール】
   1965年千葉県生まれ、東京多摩地区育ち。高校生時代は高尾山によく行く。
  また父方の先祖が瀬戸内海の島にいたため、瀬戸内の自然にも親しむ。
  千葉大卒業後、京大大学院に進み、屋久島に住んで照葉樹林で動物による
  種子散布の研究。森林総合研究所九州支所勤務などを経て、1998年から滋賀
  県立大学講師。
   最近は、木の実の数の変動、イノシシやサルによる農業被害、その対策と
  しての里山林の伐採について、などの研究をしている。また琵琶湖に侵入して
  いる外来植物の駆除活動も行なう。
   上関の自然には、環境アセスメントの問題点指摘に加わったのが最初で、
  10年以上のつきあいがある。


     〜同時開催〜
   ★上関・田ノ浦写真展
   ★緑のハートでつなげよう
    Green Hearts プロジェクト


 瀬戸内海にあるハート型の小さな島
 祝島の物産品も販売します。
 お楽しみに!

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ