2007/12/6

ぜひ、いろんなところで写真展を!  

 11月23日から25日にかけて京大11月祭の会場内で、農学部自治会のみなさんのご協力を得て、長島の写真展を行いました。

 展示を行った北部キャンパスは、お祭り広場からは少し離れた落ち着いた空間。旬をむかえた銀杏並木を見上げながら、通る人はみなゆったりと歩いていました。すぐ近くで京大植物園を考える会もステキな展示をされていました。

 多くの人がパネルに近づくと歩を緩めるのが分かります。-------「え、長島ってどこ?」、「ふーん、もうこんな工事が始まっちゃってるんだ‥」、「まだ、原発やろうっていうの‥?」、「きれいな写真ねぇ‥」、などなどいろんな反応がありました。一番注目を集めていたのはオオブンブクの死がいを手にとった写真で、「何だろう‥」という感じで近づいて、見始める方が多かったです。

 最終日には京大の加藤真先生(生態学)が「失われゆく海辺の自然〜上関原発予定地長島の自然を守る〜」と題して講演をしてくださいました。スナメリやアビ(オオハム)が観察されるということは、その地域の生態系全体が健全な姿で残されていることだと、改めて長島周辺の自然の貴重さとその保護の重要性を訴えられました。質疑応答において、祝島のご出身という女性がお礼をいって下さいました。

 企画を終え、改めて眺めると一枚一枚の写真がとてもいとおしく感じられました。感謝の気持ちを込め片づけをしながら思いました。このままパネルたちを休ませてしまうのはもったいないです。この投稿を見られたどなたかにぜひ続いてもらいたいです。人が集まる空間と、少しの仕掛けがあれば実現可能です。今、長島の自然が直面している危機について、少しずつでも人に知らせる機会を持ってください!

グリーン・アクション 小坂勝弥
0



2007/12/6  23:49

投稿者:シマリン

 今回は、いろいろな形で長島を紹介して下さり、ありがとうございました。
 長島の写真パネルを1ヶ月近くもお外に出していたのは初めてのことではないでしょうか。この投稿は、「長島写真パネル展の企画のお願い」の看板として、長くトップページに据えたいくらいです。
 毎日朝の寒い時間帯から準備をされていたとか、本当にお疲れさまでした。

2007/12/6  21:29

投稿者:ゆきちゃん

京都大学の学園祭の模様を早速お知らせくださって、ありがとうござ
いました!イチョウ並木をバックにパネル展って、考えてみればすご
く贅沢な空間ですね・・!オオブンブクが注目されていたとは、なる
ほどな〜と思いました。勉強になります。
 今までご存じなかった方にも上関原発の建設計画のことを知っても
らえて、うれしいです。こちらでも、小坂さんのがんばりに刺激され
て、新作パネルを作ったりしました。
 こうしてこれからも新しい出会いがあるとうれしいな、と思いま
す。
 ありがとうございました!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ