諏訪山岳会 山のブログ

会員の山行報告を中心に、山に関する事なら何でもアリのブログです。

 
諏訪山岳会は信州諏訪を拠点に活動する山岳会です。 長野県山岳協会諏訪支部所属。
主な山行内容:フリークライミング、山スキー、縦走等。
随時会員募集中!! 連絡先:jimu@suwa-ac.main.jp

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:U山
古ぼけ老さん、コメントありがとうございました。かなり古い記憶のように思われますが、沢の様子を正確に覚えていらっしゃるようで感心しました。椹の大木の林は当方の記憶にはありませんが、麓のスキー場はご指摘の通りです。ただし、この記事の時点ではすでに営業は中止となっていて、兵どもが夢の跡といった趣がありました。
投稿者:古ぼけ老
 遠い昔の思い出のみに生きる哀れな老人です。
 ウン十年昔、細尾沢を降ったことがあります。
もっと明るい沢だったように思います。へっぴり腰で降っていたら、
大滝に到着、落ち口左手に踏み後を発見、
若干の緊張をもって、トラバースぎみに降り、石ころの詰まったガレから、
滝下に到着、端正な滝でした。今や驚きの大変貌、大荒れ状態です。
以下滝らしきものもなく、ゴーロをぶらぶら歩いていたら、
直径1m近くもあろうかという椹の大木の林に来ました。
今もこの大木林はあるのでしょうか。
この林を抜けたら、笹の大斜面がありました。
スキー場に最適と思っていたら、案の定、スキー場になったようです。
 以下、中央線の駅を目指して歩きに歩いていたら、膝のお皿が痛くなり、
びっこ引き引き状態になりました。遠い昔のことです。
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ