たかがBトレ されどBトレ 楽しみ方は人それぞれ

♪長さが半分の時点で、既に「タイプ」のBトレインショーティー。肩の力を抜いて、楽しみたいと思います。♪

 


◆ようこそ、たかB されBへ◆
Bトレインショーティーを集め、Nゲージ化して楽しんでいる管理人やぎしたです。
所帯持ちのサラリーマン故、お小遣いの範囲で無理せず楽しむ、をモットーにしています。
また、技術力もありませんので(笑)大したネタは提供出来ないと思いますが、宜しければご覧下さい。

◆お願いとおことわり◆
公序良俗に反するコメント・誹謗中傷・商業目的の宣伝・ブログの趣旨に反する、或いは閲覧して頂く方の気分を著しく損なう様なコメントは、管理者責任で削除させて頂きます。
また、Bトレの改造・塗り替え等をなされる場合には、全てご自身の責任において行って頂けます様お願いいたします。
例えそれが、私がここに紹介したネタであっても、その結果について責任は負いかねます。
※コメント欄は迷惑書き込み防止のため一度確認してから公開していますので、時間がかかります。

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

CREATION

私のBトレ収納箱「千両箱」や展示棚を作製してくれている会社です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やぎした
◆CHIANTIさん
空気を読めていないと言うのは、実に適切なご意見かも知れません。
当日、列の整理を担当した係員は、とても良い仕事をしていたと思います。
時間はかかりましたが、指示も適切だったと思います。
ただ、最後の最後、売り場の対応が、全てを「ぶちこわし」てしまったと言っても過言では無いでしょう。
>三浦海岸乗り入れ
実は20代の前半、その電車に乗って高砂から終点まで行った事があります。
京成の電車は伊豆急、東急(旧型車)と同じく大好きな私鉄電車でしたので、とても楽しかった事を覚えています。
私は前述の通り京成電車は好きでしたので良く撮影に行きましたが、各停に青電、急行や特急に赤電が活躍していた時代でしたね。

◆トトロさん
どもども、正直ちょっと疲れました(笑)
でも同好の士といろいろお話しが出来て、楽しかったですよ♪
仰るように、同じ「箱から取り出して袋詰め」と言う作業でも、てきぱきやるのとモタモタやるのではずいぶん違って来ますよね。
今回はそれに輪をかけて、客との最終接点、品物を受け渡す人に(大いに)難ありでした。
ブログ本編でも書きましたが、要はそう言う対応しか出来ない人間を最前線に据えた、と言う事ですね。
>いい品物
確かに良くできた製品です。
赤電の前面のあのシールさえなければ・・・

http://green.ap.teacup.com/takabsareb/
投稿者:トトロ
お疲れ様でございました。

>売り方、と言うより対応が悪すぎる! 

ほかの方のブログにもコメントしましたが、やはり対応はイマイチだったようですね(某巨大掲示板の内容と被りますが・・・)。

今まで箱から取り出して袋詰めというのは2回見ましたが(近鉄特急3種の時のスル関と名鉄パノラマ3種販売時)、いずれもテキパキと丁寧な対応。
おそらくその辺は、個人のキャパシティの問題も絡んで来るのかと・・・。

いずれにせよ、いい品物をゲットされたようで、よかったですね。
投稿者:CHIANTI
店員は空気が読めてないですね。
行列の状況を見て臨機応変にやるのが普通です。
スル関戦争は大戦が繰り返されただけに、
そのあたりの空気は読めているようです。

京成の皆さんは嫌いじゃないんですが、それよりも未発表の4両セットが気になって
仕方がありません。

私が見た事があるのは、ファイヤーオレンジです(小さい頃の話ですが)
でも、青電の方がマニアック感が
するような気がします。
行商列車のマークを窓に付けると完璧ですね。
ただそうすると、私の所有車両が青・緑系ばかりになっているのでどうかな、と。
会社が思いっきり偏っているせいでもありますが。

赤電時代は三浦海岸まで乗り入れていましたよね?

http://ameblo.jp/chianti-exp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ