たかがBトレ されどBトレ 楽しみ方は人それぞれ

♪長さが半分の時点で、既に「タイプ」のBトレインショーティー。肩の力を抜いて、楽しみたいと思います。♪

 


◆ようこそ、たかB されBへ◆
Bトレインショーティーを集め、Nゲージ化して楽しんでいる管理人やぎしたです。
所帯持ちのサラリーマン故、お小遣いの範囲で無理せず楽しむ、をモットーにしています。
また、技術力もありませんので(笑)大したネタは提供出来ないと思いますが、宜しければご覧下さい。

◆お願いとおことわり◆
公序良俗に反するコメント・誹謗中傷・商業目的の宣伝・ブログの趣旨に反する、或いは閲覧して頂く方の気分を著しく損なう様なコメントは、管理者責任で削除させて頂きます。
また、Bトレの改造・塗り替え等をなされる場合には、全てご自身の責任において行って頂けます様お願いいたします。
例えそれが、私がここに紹介したネタであっても、その結果について責任は負いかねます。
※コメント欄は迷惑書き込み防止のため一度確認してから公開していますので、時間がかかります。

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

CREATION

私のBトレ収納箱「千両箱」や展示棚を作製してくれている会社です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やぎした
◆トトロさん
そうですね。
零戦と言えば三菱、三菱と言えば名古屋・・・
開発主任の堀越さんは名古屋コーチンが大好物であったと言う記録さえ残っています(本当の話らしい)。
明るい艶消し、又は半艶消しのグレーを何色か物色して結果的に行き着いたのがこの色です。
たまたまかも知れませんが、零戦が一番輝いていた頃、全身に纏っていた色を使ったのも何かの因縁かも知れません。
いずれにしろ、仕上がり具合はイメージ的には良い感じでした。

◆CHIANTIさん
まさにライトグレーそのものですよね(笑)
このテの色はもっと数多く出ても良いと思います。
車輌だけでなくストラクチャのちょっとした色のアクセントを出すのに重宝すると思いますので。
三笠とはまた古の軍艦が登場しましたね。
私は未だ見に行った事がありませんが、横須賀にあるんでしたよね。
大和は掛け値無しに第二次大戦中のバトルシップの中では一番美しい艦だと思います。
バランスがとれていて、かつ仰るように堂々としていますよね。

http://green.ap.teacup.com/takabsareb/
投稿者:CHIANTI
>屋根の塗り分けです
にわかファンか本来の鉄道ファンか
それが一発で分かりますよね。
素晴らしいです。

>明灰白色
私はライトグレーと勝手に呼んでます。
レイアウトに大活躍してる色です。
仰る通り艦船ごとの名前が付いた
塗色が置いてありました。

>当時の日本海軍の艦船
個人的には三笠が好きです。
実際に見に行ったりもしました。
大和に関してはなかなか詳細な資料が
見つからなくて・・・
でもあの堂々たる雰囲気は素晴らしいですよね。

http://ameblo.jp/chianti-exp/
投稿者:トトロ
零戦は、名古屋の三菱で開発されたそうで、かつて零戦の開発に使われた特殊な屋根の形をした建築物はつい最近まで現存してました(名古屋市港区)。

そんな零戦のカラーが名古屋鉄道に持ってこいとは、何らか因縁を感じますね。
(たまたまという話もありますが・・・;)

白帯編成のコラボ、記事を楽しみにしてます。
(名古屋在住でありながら、白帯編成を1つも持っていない不届き者なものでして・・・)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ