たかがBトレ されどBトレ 楽しみ方は人それぞれ

♪長さが半分の時点で、既に「タイプ」のBトレインショーティー。肩の力を抜いて、楽しみたいと思います。♪

 


◆ようこそ、たかB されBへ◆
Bトレインショーティーを集め、Nゲージ化して楽しんでいる管理人やぎしたです。
所帯持ちのサラリーマン故、お小遣いの範囲で無理せず楽しむ、をモットーにしています。
また、技術力もありませんので(笑)大したネタは提供出来ないと思いますが、宜しければご覧下さい。

◆お願いとおことわり◆
公序良俗に反するコメント・誹謗中傷・商業目的の宣伝・ブログの趣旨に反する、或いは閲覧して頂く方の気分を著しく損なう様なコメントは、管理者責任で削除させて頂きます。
また、Bトレの改造・塗り替え等をなされる場合には、全てご自身の責任において行って頂けます様お願いいたします。
例えそれが、私がここに紹介したネタであっても、その結果について責任は負いかねます。
※コメント欄は迷惑書き込み防止のため一度確認してから公開していますので、時間がかかります。

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

CREATION

私のBトレ収納箱「千両箱」や展示棚を作製してくれている会社です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:やぎした
◆トトロさん
ご心配ありがとうございます。
デカールフィッターの類はターマックさんからも薦められましたが買い求めている時間がありませんでした。
蒸しタオル=デカールを軟らかくする事と理解すれば、実は今回水ではなくお湯で戻しました。
寒くてパリッとなるのを本能的に恐れたのだと思いますが、結果的にソフトな感触になり、特にサイドに回り込む部分のフィッティングが良かったです。
これは以前スピットファイアの胴体に国籍マークを貼ろうとしたら上の方がめくれて往生した際の経験則ですが、蒸しタオルまで使う事までは思いつきませんでした・・・飛行機の場合、曲面との戦いですから、さもあらん、ですね。
GMの211系はライト周りが別パーツとなっているので、乾燥後その部分のデカールをカットしてから、クリアを吹いて保護、ライト周りのパーツ取り付けの順で作業したいと思っています。
有益なご教示、ありがとうございます。
頑張ります・・・って、既に「お酒の国」ですが(笑)
投稿者:トトロ
>今、211系前面パーツのデカール貼りで四苦八苦しておりまする〜(涙)

恐れながら申し上げます。
蒸しタオル、またはデカールフィッターの技法は試されましたか?
戦闘機・旅客機系ではよく使う方法なんですが、鉄道系ではあまり本でも見かけないので・・・。
貼ってラッカーコーティングしてから、エナメル系でライト・テールを色挿しする、というパターンでいかがでしょう?

http://ameblo.jp/totoro2009/
投稿者:やぎした
◆トトロさん
新しい国技館(笑)ですからね。
バイクの軽量化のお話、まったくその通りですね。
車もそうです。
内張外したりボンネットをカーボンに替えたり・・・
以前ウチのチューナーに言われました。
「車よりドライバーを軽量化した方が早い」と(自爆)
重連の件もまったくその通りで、不思議なことに牽引力が落ちたりします。
まったく同じ重さ、同じコンディションの動力であれば効果はあるのでしょうが、おそらく力の無い方が抵抗となり、ある方の力を削ぐのだと思います。

>以後の検証も楽しみにしています。
今、211系前面パーツのデカール貼りで四苦八苦しておりまする〜(涙)
投稿者:トトロ
なかなか面白い稽古、いや実験ですね。

この限られた状況でいかに重くして、いかにたくさん牽けるようにするか。
こうした追究はいつか見たバイクレースのドキュメントで『いかに軽く速く走るようにするか?』と相通じるところがあるように思い、ある種の感動があります。

で、重連にすると単純に120両とならないとこれが不思議なところ。
以後の検証も楽しみにしています。

http://ameblo.jp/totoro2009/
投稿者:やぎした
◆ターマックさん
こんばんわ。
別にこわ〜くは無いですが(笑)
確かにEF210はすました顔をしている様に見えますね。
ベースは完全作り直しです。
前回は12o厚のコンパネをそのまま使ってましたが、今回は6oのベニヤの下に27o角の桧角棒で枠を作って裏打ちをしてあります。
サイズも1800/900×4枚から、1500/900×3枚に縮小しました。
反りの心配が無くなっただけでなく、軽くて取り扱いが楽になりましたよ。

投稿者:ターマック
こんばんは。
こわ〜い親方の苦行に耐えた
すまし顔の弟子
ですね(笑)

ところで、
ベースの方も反り対策が施され
改良されているような…

http://pub.ne.jp/tarmac/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ